★★★:ジェフ・ギブス(栃木ブレックス #4)

4Q中盤で4ファウルとなったことで、ライアン・ロシターはベンチに下が流ことを強いられた。栃木にとっては苦しい状況だったが、田臥勇太からのアシストでアリウープ、オフェンス・リバウンドからのフィニッシュ、ニック・ファジーカスからスティールし、アンスポーツマンライク・ファウルを誘発させるなど、肝心な局面でビッグプレイを連発。4Qだけで16点、6リバウンドという大活躍は、ファイナルのプレイヤー・オブ・ザ・ゲーム、今シーズンの最後の★★★に値する。試合終了直前に左足の故障(恐らくアキレス腱断裂)という不運に見舞われたが、ギブスの存在が勝敗を分けた要因なのはまちがいない。

お知らせ

東アジアバスケットボール選手権大会
6月3日から長野県で開催される第5回東アジアバスケットボール選手権大会を放送!
≫詳細はコチラ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ