サム・ウォーバートン

サム・ウォーバートン

この6月は、世界各地でたくさんの国際試合が行われるのだが、別格の注目を集めているのがブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズのニュージーランド(NZ)遠征だ。ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとは、イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドという4つのラグビー協会の代表チームのこと。この4協会が、英国とアイルランド共和国にまたがっているため、ブリティッシュ&アイリッシュと表記する。

現在は、南半球のNZ、南アフリカ、オーストラリアを4年ごとに回るサイクル。今回は、12年ぶりのNZ遠征だ。伝統あるライオンズに選ばれることは4協会の選手達にとってはこの上ない名誉。迎え撃つ国の選手にとっても、12年に一度しかライオンズと対戦できるチャンスがないのだから、試合に出場することはラグビーキャリアにおける最高の名誉といえるだろう。毎度、ライオンズのファンが数万人規模で対戦国を訪れており、今回は相手が世界最強のNZ代表オールブラックスということで、熱狂するスタジアムを想像するだけで胸が躍る。

お知らせ

\6月3日スタート!/
J SPORTSオンデマンドではブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズを全10試合配信!
更に5月29日からは2013年大会のオーストラリア戦も配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
★詳しくはこちら
★ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ