香港vs.日本

5月13日(土)、香港フットボールクラブ(香港)で、「アジアラグビーチャンピオンシップ(ARC)2017」の第4戦、香港代表vs.日本代表が行われた。

日本、香港、韓国によるホーム&アウェーの総当たり戦で行われるARC。若手主体の編成でのぞんでいる日本は、第1戦、第2戦で韓国に連勝。

ホームゲームとなった東京・秩父宮ラグビー場で行われた香港との第3戦は、ブレイクダウン(ボール争奪局面)で劣勢を強いられるなか、29−17で競り勝った。

3連勝で敵地・香港に乗り込んで迎えた第4戦。日本にとっては、この試合に勝つか引き分けるかすれば3連覇が決まる、大会ラストマッチとなった。

また5月10日には2019年ワールドカップ(W杯)のプール戦組み合わせが決定。A組に入った日本は、6月のウィンドウマンス(国際交流期間)で対戦予定のアイルランド代表と同組になるなど、W杯への気運が高まるなか、主力組を脅かすような“ヤングジャパン”の奮闘が期待された。

アウェーの日本は、先週からスタメンを8名(FW4名、BK4名)入れ替えた。

お知らせ

ワールドラグビーチャンピオンシップ2017

アジアラグビーチャンピオンシップ2017の日本代表戦を、J SPORTSオンデマンドでLIVE配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます
»詳しくはこちら
★特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ