ジェイミー・ジョセフ日本代表HC

ジョセフHCは日本代表を率いて
初のワールドカップ挑戦となる

ラグビーワールドカップ2019組分け抽選会(RWC2019 POOL DRAW)が、5月10日、午後5時より京都迎賓館で行われた。前日の歓迎レセプションでワールドラグビーのビル・ボーモント会長は「抽選会はトーナメントに命を吹き込む瞬間です」とコメントした。世界の視線を集めた神聖な儀式は、ボーモント会長、日本の安倍晋三首相のスピーチからテンポよく進行した。抽選は、参加の決まっている12か国、世界各地域の予選代表枠を、ワールドラグビーの世界ランキングを基に5つのグループ(バンド)に分け、バンドごとに4つのプール(組)に振り分けて行く方法がとられた。今回は新しい試みとして、開催国(日本)のプールを最初に決め、下位グループから順に埋めていく方式を採用した。結果は文末の通り。

バンド2の抽選でプールBに決まった南アフリカの上に、前大会王者のニュージーランド(オールブラックス)が入ったときには会場から「おおっ」という声が漏れた。南アフリカが、ランキングで6位に低迷しているから起きた事態だが、世界のラグビーを牽引してきた「ビッグ2」が同じプールに入るのは史上初のことだ。テストマッチ18連勝を成し遂げるなど、いまやオールブラックスに次ぐ実力を誇るイングランドはプールCへ。シックスネーションズ(欧州6か国選手権)でしのぎを削るフランス、前大会ベスト4のアルゼンチンが入るタフなプールだ。しかし、イングランドを率いるエディー・ジョーンズHCは笑顔で取材に応じた。前大会で日本代表を3勝させたコーチにとっては、タフなプールも望むところなのだろう。「優勝までの道筋は見えましたか?」と問いかけると、きっぱりと答えた。「もちろん、100%です。11月2日のファイナルで戦う姿がイメージできました」。

お知らせ

スーパーラグビー

J SPORTSオンデマンドでラグビー日本代表 6月テストマッチを全試合LIVE配信

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます
»詳しくはこちら
★特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ