サンダーランド降格 主力の退団は必至だ

サンダーランドの降格が早々と決まった。2007-08シーズンから守りつづけたプレミアリーグの座を、最終節を待たずに明け渡した。諸悪の根源は、やはりデイヴィッド・モイーズ監督か。マンチェスター・ユナイテッドをブチ壊し、レアル・ソシエダで恥を上塗りした男に、なぜかサンダーランドはオファーが届けたが、開幕当初から「残留争いに巻き込まれる公算が大きい」と志が低すぎた。当然、サポーターの支持は得られず、例によって明確なプランもなく、まぁ、いってみれば降格は当然の帰結である。

ところがモイーズは、続投を強く希望しているそうだ……。よし、わかった。この際だから現場に残って責任を取ってもらおう。ユナイテッドから、マルワヌ・フェライニを持っていってはくれまいか。

さて、降格に伴い、サンダーランドからは多くの選手が退団するに違いない。今シーズンかぎりで契約が切れるジョン・オシェイはコーチングライセンスを取得する予定であり、現役続行の意志が堅いスティーヴン・ピーナールはアメリカ、もしくは中国に新天地を求めることになるだろう。また、ジェイソン・デナイエルはマンチェスター・シティに、アドナン・ヤヌザイもユナイテッドに一旦ローンバックするものの、ともに構想外だ。厳しい夏がやって来る。

お知らせ

16/17 イングランド プレミアリーグ

◆ 16/17 イングランド プレミアリーグ
強豪クラブがひしめく世界最高峰プレミアリーグの注目試合を毎節5試合放送!!
プレミアリーグ相関図はこちら »

また「デイリーサッカーニュース Foot!」では、月曜日〜金曜日までサッカーファンに必見の情報をお届け!
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ