リヴァプールvs.クリスタル・パレス

PFA年間ベストイレブンに選出されたマネがいない。そんな危機的状況に立たされたリヴァプールにあって、目下2試合連続で決勝点を挙げてチームを救っているのがフィルミーノだ。縦横無尽、神出鬼没。カウンタープレスの申し子でもあり、タックル数「50回」はFWでリーグ最多。痩身のブラジル人がハツラツとプレーする姿を見ていると、ベンテケがクロップ流にフィットしなかった理由がよくわかる。

それでも、泰然自若、質実剛健を地でいくベルギーの大男にだって、得意分野はある。今季プレミアで、彼が放ったヘディングシュートは「40本」。空中戦に勝った回数は「280回」。どちらもダントツでリーグトップなのである。ザハー、タウンゼンという素晴らしい翼を左右に持つパレスは、典型的なクロッサー軍団。パーデューからアラダイスに監督が代わっても、ベンテケ好みのダイレクト志向はそのままだ。 4月に入って4戦3発のベンテケもまた、チェルシー戦で決勝点、レスター戦で終盤の同点弾と重要なゴールを連発している。2点ビハインドから追いついた前節レスター戦では、巨漢のフートではなくモーガンの代役を務めていたベナルアンをわざわざ狙って競り勝つ狡猾さも披露した。敵将シェイクスピアは「ベナルアンの背中に乗っていたのだからファウルだ」と文句をつけ、ヴァーディーは「仲間を“脚立”みたいに使われた」と憤慨したが、これぞ「ビッグ・ベン」の真骨頂だし、リヴァプール守備陣が最も嫌がるタイプでもある。実際、アストンヴィラ時代の彼は5試合出場4ゴールと対リヴァプールの相性がすこぶる良かった。パレスには、十分に付け入る隙がある。

お知らせ

16/17 イングランド プレミアリーグ

第26節 16/17イングランドプレミアリーグ
4月24日(月)17時00分〜J SPORTS 2
リヴァプールvs.クリスタル・パレス
プレミアリーグ相関図はこちら »

強豪クラブがひしめく世界最高峰プレミアリーグの注目試合を毎節5試合放送!!
また「デイリーサッカーニュース Foot!」では、月曜日~金曜日までサッカーファンに必見の情報をお届け!
»特集ページを見る
»放送予定一覧を見る

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ