歴史と伝統を重んじるサイクルロードレース界。一方でよいものはよいと割り切るのもヨーロッパスタイル。主催するA.S.O.は、サインボードに代わるツールとしてタッチパネルを用意。ステージに上がった選手たちは、指一本で出走意思を示すことができるようになった。

出走サインはタッチパネル式

出走サインはタッチパネル式

2005年を皮切りに、2008年、2009年、2012年と北フランスの石畳地獄を制してきたトム・ボーネン。早くから今年の大会を最後にキャリアにピリオドを打つと明言していた彼を、ファンは「祝福」という形で見送った。約15年のプロキャリアをまっとうした彼の決断を悲しむものなど、そこには誰もいない。ボーネンの愛称“トムク”を歌詞にしたチャントを歌うベルギーからの一団。コンピエーニュの街に設けられたスタート地点の、ごくごく一角を陣取った彼らが着ていたTシャツは、ボーネンの輝かしい経歴をずらりと記したものだった。

ベルギーから駆け付けたトム・ボーネンファンの一団

ベルギーから駆け付けたトム・ボーネンファンの一団

スタート地点は、異様ともいえる空気だった。その“原因”は紛れもなくボーネン。そんな彼はいたって穏やかで、優しい笑顔をたたえながらサイン台へと上がる。インタビューで「最後まで勝ちにこだわる」と答えると、長時間待ち続けた観衆は大きく沸いた。

ステージ上、「勝つことにこだわる」と宣言したトム・ボーネン

ステージ上、「勝つことにこだわる」と宣言したトム・ボーネン

パリ〜ルーベは世界に愛されるレースだ。だから、日本からも熱心な観戦ファンがやってくる。新婚旅行でこのレースを見に訪れた2人は、観戦ツアーに参加し、レースの重要ポイントを数カ所巡りながらフィニッシュ地点であるルーベのヴェロドロームを目指す。自分で車を手配し、バタバタと移動するより気楽にレースを楽しむことができたはずだ。

新婚旅行がパリ〜ルーベ観戦の日本人カップル

新婚旅行がパリ〜ルーベ観戦の日本人カップル

バタバタと移動するといえば、観戦慣れしているファンの存在だ。あらかじめ立ち寄るパヴェを決め、近道や迂回を繰り返しながら次、また次と選手の通過を待ち続ける。プロトンが通り過ぎると、そのパヴェで始まるのは“民族大移動”。みんな同じ方向に歩いていくその様は、さながら川の流れのようだ。

選手を見届け、次の目的地へと移動する

選手を見届け、次の目的地へと移動する

ちなみに、メディア車両として承認を受けていた筆者の車は、レースで使用されるパヴェの走行を許されていた。もちろん、プロトン通過後の走行なのだが、それでもあの路面は車で通るべきではないことを痛感。激しく上下する振動によって、車の下部を数度石畳に擦ってしまった。チーム関係車両は下部に鉄板を敷くなどの補強を施してレースに備えるというが、いくつもの石畳セクションを運転するのだから恐れ入る。

砂煙を巻き上げながらパヴェを進むチームカーの隊列

砂煙を巻き上げながらパヴェを進むチームカーの隊列

前述した「川の流れ」。それを堰き止めてしまった選手がいる。UAE チームエミレーツのイタリア人スプリンター、アンドレア・グアルディーニだ。レースからの離脱を決意した彼は、チームカーから「抜け道を使ってルーベまで自走してくれ」との指示を受けた。忠実にそれを守ろうとしたグアルディーニだが、その守り方がよくなかった。なぜなら、彼はバイクにまたがったまま高速道路へ乗り込んでしまったからだ。

お知らせ

サイクルシーズン本格始動!
■フレッシュ・ワロンヌ
04月19日 (水) 午後09:15〜深夜00:30 生中継&オンデマンドLIVE配信 »詳しくはこちら

その他レースの放送情報も続々公開!今年も珠玉のドラマに酔いしれよう! »詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ