歓喜に沸くサンウルブズの選手たち

満開の桜に囲まれた聖地で「日出る国の狼たち」が歓喜に沸いた。

4月8日(土)、スーパーラグビー第7節、サンウルブズは東京・秩父宮ラグビー場で同じカンファレンス(アフリカ1)3位のブルズブルズと対戦。1万2000人を超えるファンが集まった。

サンウルブズは開幕から善戦するものの5連敗、シンガポール・南アフリカ遠征から戻って来た先週は「bye」(休みの週)だったこともあり、リフレッシュした状態で、優勝3回の南アフリカの雄を迎えた。

ブルズとは3月8日にすでにアウェーで対戦し、21-34と敗戦しているだけに、サンウルブズはホームでリベンジだけでなく、今シーズン初白星、そして南アフリカ勢からの初勝利を目指す戦いとなった。

サンウルブズデビュー戦となったFB松島

サンウルブズのメンバーを見ると、FL(フランカー)ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ、FB松島幸太朗がサンウルブズデビューを飾ることになった。

さらにベンチには2015年ワールドカップ組のPR(プロップ)稲垣啓太、HO(フッカー)木津武士、SO(スタンドオフ)田村優の3人。

そしてベテランSH(スクラムハーフ)矢富勇毅と国際経験豊富な4人が今季初のメンバー入りとなった。FL布巻峻介もサンウルブズとしては初のベンチ入りとなった。

遠征で躍動したCTB(センター)/FB(フルバック)ジェイミー-ジェリー・タウランギ、WTB(ウィング)/FB江見翔太は負傷の影響でメンバーを外れた。

また、サンウルブズの選手たちは今週、NO8(ナンバーエイト)ヴィリー・ブリッツの父が亡くなったため、喪章をつけて試合に臨んだ。

お知らせ

スーパーラグビー

J SPORTSオンデマンドでスーパーラグビー全142試合配信

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます
»詳しくはこちら
★特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ