“格闘技レース”、“ハコ車の世界最高峰”。WTCC世界ツーリングカー選手権は、さまざまな異名をもつレースだ。2017年からJ SPORTSで生中継が始まるWTCCとはどんなレースなのかおさえておこう。

WTCCってどんなレース?

モータースポーツはさまざまな形のレーシングカー、ラリーカーで争われるが、ふだん街中を走っている4ドアセダンや3ドアハッチバックをベースとして争われるレースがツーリングカーレース。ヨーロッパや東南アジアでは昔から高い人気を誇っている。

これまでツーリングカーの世界選手権はさまざまなかたちで行われてきているが、特定の強力な車種の登場等、レギュレーションの変化により栄枯盛衰があったが、2001年から04年まで行われたETCCヨーロッパ・ツーリングカー選手権をベースに、2005年にスタートしたのがWTCCだ。

大ざっぱに言うと、WTCCの特徴としては安価なマシンにスプリントレースというのが挙げられる。短距離であるということは、少しでも早めにバトルを勝ち抜いて上位に出たい。そして安価で丈夫なボディならば、多少ライバルと接触しながらでもバトルを展開できるというわけだ。“格闘技レース”と呼ばれる由縁はここにある。

ちなみに蛇足だが、エアロパーツが追加された現行の車両規定になる前のWTCCを、筆者が取材していたときのこと。ピット裏であるドライバーを待っていると、隣のピットでクラッシュ車両を直していたメカニックが「おい、コレいるかい?」となんと凹んだ助手席側のドアを見せてきた。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ