4月7日~9日、スーパーラグビーも第7節を迎える。今シーズンも4勝1敗と好調を維持している、ニュージーランドのハリケーンズ

ホームのウェリントンにあるウエストパック・スタジアムにオーストラリアの強豪、ワラターズを迎え撃つ。昨年の王者と2014年の王者の顔合わせであり、世界的司令塔の2人が相まみえる。

王者ハリケーンズは開幕戦でサンウルブズに快勝。第3節ではチーフスに苦杯を舐めたものの、4勝1敗と調子を維持している(★順位表)。

ただ、今シーズンも他のニュージーランド勢は強く、ニュージーランドカンファレンスでは3位。ハリケーンズは無敗のクルセイダーズとチーフスを追っており、負けられない戦いが続いている。

一方、2014年に初優勝したワラターズは、開幕から2勝4敗と黒星が先行しているが、他のオーストラリア勢の調子も上がっておらず、オーストラリアカンファレンスでは2位。

首位のブランビーズを勝ち点差3で追う。まずは白星を重ねて、同カンファレンスの首位に立ちたい。

まず、ハリケーンズの先発予想メンバーを見てみよう。前節はアウェーでレッズ(オーストラリア)に15-34で勝利した試合から、クリス・ボイドHC(ヘッドコーチ)は4人メンバーを替えてきた。

大きな変更は両翼を変えたことだ。現在、7トライを挙げてトライランキングトップに立つWTB(ウィング)ヴィンス・アソ、そして2015年ワールドカップのトライ王のジュリアン・サヴェアが開幕から5試合連続で出ていたため、休養となった。

替わりに、昨年度は東芝でプレーし、開幕戦で首をケガしたベテランWTBコーリー・ジェーン、そして21歳の若きWTBウェスレー・フーセンが先発ジャージーを纏う。

また、ジュリアンの弟、NO8(ナンバーエイト)アーディー・サヴェアもふくらはぎの負傷により、リード・プリンセプが先発する。また左PR(プロップ)には元宗像サニックスの34歳のベン・メイが今シーズン初先発となった。

他のメンバーを見ると、オールブラックスでも経験豊富な2人、ゲームキャプテンSH(スクラムハーフ)のTJ・ペレナラ、そして昨年の世界最優秀選手であるSO(スタンドオフ)ボーデン・バレットがハーフ団を組み、試合をコントロールする。

ボイドHCは「我々はスコッドに深みを持つことができた。誰が試合に出たって、彼らの自分の仕事をすると確信している」。

「シーズンは長いので、スコッド全部を起用していく必要がある」とこの試合のメンバー変更に関して言及した。

お知らせ

スーパーラグビー

J SPORTSオンデマンドでスーパーラグビー全142試合配信

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます
»詳しくはこちら
★特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ