世界選手権2017男子

ヘルシンキのハートウォールアリーナが沸いた。優勝した羽生結弦を筆頭に、2位の宇野昌磨、3位のボーヤン・ジン、4位のハビエル・フェルナンデス、ともにトータルスコアが300点を超え、5位のパトリック・チャンと6位のネイサン・チェンも290点を超えるという熾烈な戦いだった。羽生のSP5位からの逆転優勝も歴史に残る名勝負となるに違いない。

1位 羽生結弦/321.59(SP:98.39/5位、FS:223.20/1位)

羽生結弦が、再び羽生結弦を超えた。SP「Let’s Go Crazy」ではグループ最初の滑走の準備時間が60秒から30秒にルールが改正されたのを知らず、演技スタートが遅れ1点減点となった。冒頭の4ループを見事に決めたが、次の4サルコウで膝が氷につき、すぐに2トゥをつけたもののコンビネーション・ジャンプと認められず、4点減点。結果、98.39の高得点を出しながらも5位と出遅れた。巻き返しをはかったFS「Hope & Legacy」では、五輪王者の実力を出し切り、ループ、サルコウ、トゥループを含む3種類4本の4回転と2本の3アクセルを次々ときれいに着氷、スピン・ステップもすべてレベル4を取り、完璧な演技を見せた。柔らかく静かなプログラムと音楽にもかかわらず、会場は大きく盛り上がり、歓声と拍手が上がった。結果自身の持つFSの世界最高得点を塗り替え223.20点を叩き出した。トータルスコア321.59点で歴史に残る大逆転を達成。3年ぶりに再び世界選手権の金メダルを手にした。しかし、試合後のインタビューでは「フリーだけがよかった。もっと練習を重ねないといけない」と自己反省の姿勢を見せ「選手それぞれ長所があって、僕にはないものがたくさんあって、全てが僕にとっては追いかける背中です」とさらなる進化を目指す意欲を見せた。

2位 宇野昌磨/319.31(SP:104.86/2位、FS:214.45/2位)

宇野昌磨が攻めた。SP「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー」では、冒頭の4フリップと4トゥ-3トゥコンビネーション・ジャンプをしっかりと着氷。徐々に調子を上げ、後半のエレメンツでほとんど+2以上のGOEを得た。PBを更新し、SP2位で臨んだFS「ブエノスアイレス午前零時/ロコへのバラード」では、持ち味の表現力で観客を沸かせながら、フリップ、ループ、トゥループを含む3種類4本の4回転を完成。2本の3アクセルとも+2.5以上のGOEを獲得した。結果FSもPBを大幅に更新したが、3ルッツでの大きなミスが響き、羽生の得点に届かず、FS・トータルスコアともに2位。自身初の世界選手権メダルを獲得した。プレスカンファレンスでは「結果も嬉しいですし、何よりも、昨シーズンの世界選手権での涙が笑顔で終われたことが本当に嬉しかったです」と、満足な様子を見せた。

お知らせ

ISU世界フィギュアスケート選手権 2017
男女シングル、ペア、アイスダンス、エキシビションまで全種目全滑走放送
= 放送予定 =
<放送>
ペア:4月6日(木)午後4時30分~
アイスダンス:4月10日(月)午後6時~
女子シングル:4月12日(水)午後6時~
男子シングル:4月14日(金)午後6時~
エキシビション:4月16日(日)午後6時00~
詳細は特集ページで≫

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ