2016年8月18日。日本バドミントン界に史上初の五輪金メダルがもたらされた歴史的な日である。

その偉業を果たしたのは、女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀ペア(通称=タカマツペア=日本ユニシス)。デンマークの長身ペア、カミラ・リターユヒル、クリスティナ・ペデルセン組とのリオデジャネイロ五輪決勝の壮絶な戦いを記憶している方も多いだろう。

タカマツペアの試合の入りは固かった。第1ゲームは18-21で落とし、ややプレッシャーのかかる序盤を強いられた。が、彼女らは第2ゲームを21-9で取り、一気に流れを取す形で第3ゲームに入っていった。ファイナルゲームは一進一退の攻防が続いたが、16-16になったところからタカマツペアは相手に3連続ポイントを奪われ、崖っぷちに立たされた。「流れは完全にデンマークペアに行っている」と誰もが思っただろう。が、2人は決して諦めなかった。「何としてもシャトルを拾って打ち返してポイントを重ねてやろう」という強い思いをコートの上で示し続けたのだ。

結果として、タカマツペアは5連続ポイントを奪取。21-19で逆転勝利を手にした。栄光をつかんだ瞬間、高橋はコートに倒れ込み、松友は渾身のガッツポーズを披露。日本中がかつてないほどの歓喜に包まれた。

お知らせ

JSPORTSバドミントンパック

◆ バドミントンスーパーシリーズプレミア
チャイナオープン2016

リオ五輪の興奮も冷めやらぬ中、日本代表はどんな活躍を見せてくれるのか!?
準決勝・決勝を生中継!さらにJ SPORTSオンデマンドでは2回戦からLIVE配信!

バドミントンパック : 月額1,000円 (税抜)
※25歳以下の方は、U25割月額500円 (税抜)でご利用いただけます! 詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ