【ISU世界フィギュアスケート選手権 2017】女子シングル レビュー

ここ2シーズンほぼ負け知らずのエフゲーニャ・メドヴェージェワ。2001年のミシェル・クワン以来16年ぶりの大会連覇を果たして「絶対女王」になるかが期待された今年の世界選手権女子シングル。SP(ショートプログラム)では10人が65点を超え、その中の4人は70点を超えるなど、好演技が続出。FSでは上位10名の内、なんと6人もPB(パーソナルベスト)を更新。注目のメドヴェージェワはまたも自身の持つ世界記録を大幅に塗り替え、会場を大いに沸かせた。

1位 エフゲーニャ・メドヴェージェワ/233.41(SP:79.01/1位、FS:154.40/1位)

エフゲーニャ・メドヴェージェワは「絶対女王」になりきった。SP、FSともに、難しいエレメントを高い質で完成させ、感情溢れる表現で観客を引き込み、右に出るものがない演技を見せた。採点表を見てみると、ジャンプのGOE(出来栄え点)は+2以上がほとんど、スピン・ステップも全てレベル4を取り、PCS(演技構成点)も9点台がずらりと並ぶ。その結果、SPは自己ベストに僅か0.2点届かなかったが、FSは自身が持つ世界記録を3.6点も上げ、トータルスコアで世界記録を更新した。試合後「6分間練習で少し緊張していましたが、自分に“落ち着くんだ!”と言い聞かせて、本番では落ち着いて演技できました。自分ができることを出し切れて、ほっとしました」と語ったメドヴェージェワ。圧倒的な勝負強さを示した。平昌まであと一年もない。金メダリスト最有力候補として、「絶対女王」への期待がますます高まりそうだ。

2位 ケイトリン・オズモンド/218.13(SP:75.98/2位、FS:142.15/2位)

銀メダリストを獲得したのは、ようやく国際大会で実力を発揮できたケイトリン・オズモンド。SPでは高いジャンプでGOEを稼ぎ、スピン・ステップも全部レベル4を取った。今シーズン、国際試合でミスが続出。不安材料が残るFSではプレッシャーに負けず、後半の3ループがダブルになった以外は全部のジャンプを着氷させ、しかも大半がプラスの加点となった。また若手選手と違いSP・FSともに成熟した表現力で大人の女性の魅力を見せ、メドヴェージェワに次ぐ演技構成点を稼いだ。結果、SP・FSともにPBを更新。2009年のジョアニー・ロシェット以来8年ぶりのカナダ女子のメダル獲得を実現した。試合後インタビューに応じたオズモンドは、「表彰台に登り、カナダの国旗が揚がるのを見て、なんて信じられないんだと感じました」とコメントし、感極まったようだ。

お知らせ

ISU世界フィギュアスケート選手権 2017
男女シングル、ペア、アイスダンス、エキシビションまで全種目全滑走放送
= 放送予定 =
<放送>
ペア:4月6日(木)午後4時30分~
アイスダンス:4月10日(月)午後6時~
女子シングル:4月12日(水)午後6時~
男子シングル:4月14日(金)午後6時~
エキシビション:4月16日(日)午後6時00~
詳細は特集ページで≫

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ