2017年の「FIMスーパーバイク世界選手権」はオーストラリア、タイでの遠征レースを終えて、本拠地のヨーロッパに帰還。第3戦が3月31日(金)〜4月2日(日)にスペインのモーターランドアラゴンで開催されます。J SPORTSでは決勝レースの模様を4月3日(月)からオンエア。またJ SPORTSオンデマンドは4月1日(土)のレース1から生中継されます。

2ラウンド4レースを終えて、王者ジョナサン・レイが開幕から4連勝を飾りました。また、今年もレイの連勝街道なのかと見出しだけを見れば、そう思うかもしれませんね。確かに選手権ポイントではジョナサン・レイ(カワサキ)が100点を獲得し、追いかけるチャズ・デイビス(ドゥカティ)が70点ということで1レース分以上の差が既に開いてしまいましたが、カワサキvsドゥカティの戦いが本格化するのは第3戦・アラゴンから始まるヨーロッパラウンドです。

昨年、最後までチャンピオン争いを沸かせたドゥカティのチャズ・デイビスはスペインのアラゴン州にある1周約5kmのサーキット「モーターランド・アラゴン」から連勝を飾り、打倒カワサキの狼煙をあげていきました。カワサキの独走時代の終焉、ドゥカティとの2強時代へと移行したことを感じさせられるレースでした。流れはここから今年も変わるでしょうか?

お知らせ

J SPORTSオンデマンド

【モータースポーツが見放題!】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、スーパーフォーミュラ、WRC
ニュルブルクリンク24時間レース、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ