ついに大器覚醒か 酒井宏樹の成長がまぶしい

ワールドカップアジア最終予選のUAE戦で、MVPとまでは言えないが、大きなインパクトを残した選手がいた。成長していく姿がまぶしい。ついに、大器が覚醒するか。

それは酒井宏樹のことだ。

試合が始まり、日本代表の戦術を見たとき、ちょっと意外に思った。日本は両サイドバックの酒井宏と長友佑都が、あまり高い位置へ上がらない。攻め残りするUAEの両サイドハーフ、特にオマル・アブドゥルラフマンを警戒し、いつでも戻りマークができるように、一定の高さに留まっている。

過去のUAE戦では、長友や酒井宏が上がった裏のスペースを突かれ、カウンターを受けることが多かった。それを踏まえれば、妥当な戦術変更ではある。日本はUAEの2トップと両サイドハーフに、4バックをマンツーマンでぶつけ、山口蛍をカバー役に置いた。流動的なUAEに対し、穴を開けないように、徹底してリスクを排除している。

その戦術が意外だったわけではない。私がアレッと感じたのは、この戦術なら酒井宏より、酒井高徳のほうが相性は良いんじゃないか? と思えたこと。

この試合のサイドバックの役割は、オーバーラップを控え、低めの位置からのボール出しが中心。守備もマンツーマンで、球際への素早いアプローチと、しつこいマーキングが必要だ。どちらも酒井高の得意分野だろう。

これまでの酒井宏の場合、ボール出しは近くの味方に預けるか、タッチライン際を沿うように縦パスを出すばかりだった。ビルドアップの引き出しが多くない。守備に関しても、予測が遅いので、相手がボールを持つ前に寄せ切れず、正対した1対1にさせてしまう。スピードに自信があるからなのだろうが、この辺りは酒井高なら「速めにサイドへアプローチするから、中はよろしく」といった具合に味方とコミュニケーションを取り、前を向かせずに、つぶしたりする。そんな戦術の調整力も、酒井高のほうが高い。

お知らせ

16/17 イングランド プレミアリーグ

◆ 16/17 イングランド プレミアリーグ
強豪クラブがひしめく世界最高峰プレミアリーグの注目試合を毎節5試合放送!!
プレミアリーグ相関図はこちら »

また「デイリーサッカーニュース Foot!」では、月曜日〜金曜日までサッカーファンに必見の情報をお届け!
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ