のむすけ

―昨季、広島東洋カープは25年ぶりにセ・リーグを制した。そのカープの今季を占ううえで、最も活躍が期待される選手が野村祐輔だ。シーズン序盤に8連勝を記録してチームに勢いをもたらすと、最多勝、最高勝率の二冠を達成する大車輪の活躍でリーグ制覇の原動力となった。

野村 昨年は本当にがむしゃらでした。そんな中、チーム全体の調子が良く、試合に勝てて嬉しかったです。僕の力ではなくチームの力で勝てたと思います。

―リーグ優勝の要因に“チーム力”を強調する。そして今季も連覇を達成するために、野村自身が感じている“チームでの役割”とは何だろうか。

野村 今年もカープはセ・リーグ優勝を目指して、チーム一丸となり戦っていきます。そのための僕の仕事は、一年間一度も外れることなく、しっかりとローテーションを守っていくことだと思います。数字(勝利数など)の目標については勝負事なので難しいところですが、やはり昨年より上積みできるように頑張っていきたいです。

野村

―昨季の活躍を考えれば、今季は他球団から研究されることは間違いない。そのうえで昨季を超える“進化”を求め、野村は宮崎、沖縄でのキャンプ日程を精力的にこなしてきた。

野村 キャンプでは、これまでにやってきたことの全体的な底上げを図っています。ウエイトトレーニングだったり、ランニングだったり、もちろん投球の練習もしかり。プレー全体の“質”を高めていきたいです。

お知らせ

\3月6日(月)WBC開幕/
2017ワールドベースボールクラシック
J SPORTSで全39試合生中継!
★特集ページはこちら
※中継テーマソングは吉川晃司の「SAMURAI ROCK」に決定!

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ