ブルズvs.サンウルブズ

スーパーラグビー2017は3月17日(金)より、第4節(ラウンド4)に入る。ここまで、3戦全勝しているのは、ニュージーランド(NZ)のクルセイダーズチーフス、南アフリカのストーマーズの3チームのみ。相変わらず、NZ勢の戦いは凄まじい。3月10日(金)のチーフス対ハリケーンズは、降りしきる雨の中、激しく攻守が入れ替わる白熱の好試合となったが、チャンスを確実にものにしたチーフスが、26−18とハリケーンズにボーナス点を与えずに競り勝った。

勝ち点で、NZ・オーストラリアグループで首位に立つチーフスは、3月17日(金)、オーストラリアのメルボルンに乗り込んでレベルズと対戦する。本来であれば、チーフスのリーチ マイケル、レベルズのアマナキ・レレイ・マフィという日本代表対決のことを書きたいところだが、リーチは前節の危険なタックルによって1週間の出場停止となってしまった。チーフスにとっては痛手だが、レベルズは開幕節でブルーズに18−56、第2節ではハリケーンズに、6−71で完敗しており、先週はByeWEEKでお休み。マフィも個人的には奮闘しているが、チームは組織的なまとまりを欠いている。一方、第3節のチーフスは、SHタウェラ・カーバローが的確な判断で味方選手を走らせ、ディフェンスでも粘り強く守りきった。チーフスの優位は動かない。

お知らせ

スーパーラグビー

J SPORTSオンデマンドでスーパーラグビー全142試合配信

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます
»詳しくはこちら
★特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ