今回から「FIMスーパーバイク世界選手権」と併催され、「J SPORTS」でオンエアされている「FIMスーパースポーツ世界選手権」についてもプレビューコラムを執筆させていただきます。第2戦は3月10日(金)〜3月12日(日)にタイのチャン・インターナショナルサーキットで開催。「J SPORTS」では決勝レースの模様は3月15日(水)からのオンエアです。

スーパースポーツ世界選手権の開幕戦

スーパースポーツ世界選手権の開幕戦

「スーパースポーツ世界選手権」はスーパーバイクが1000ccクラスの選手権なのに対して、排気量600ccクラスの市販スポーツバイクで争うレースです。参戦する車種は「カワサキZX−6R」「ホンダCBR600RR」「ヤマハYZF−R6」という日本でもお馴染みの600ccバイクに加え、3気筒の「MVアグスタF3」と「トライアンフ デイトナ675」という675ccのバイクが戦っています。改造範囲は狭く、毎回接戦が楽しめるレースになっており、見ごたえはスーパーバイク世界選手権を超えているとも言えます。とにかく面白いんです。

バイクの差が少ないだけでなく、排気量600ccクラスのマイスターが存在するレベルの高い選手権、それが「スーパースポーツ世界選手権」。軽量級からステップアップしてきたライダーの中には、1000ccよりも旋回スピードの速い600ccクラスを得意とする選手も多数居ます。このレースはバトルもレースメイクも経験豊富なライダーたちが長く活躍できる舞台と言えるでしょう。

その代表格と言えるのがトルコ人のケナン・ソフォーグル(カワサキ)。彼は2007年に「スーパースポーツ世界選手権」で王者となり、翌年からスーパーバイク世界選手権に参戦しましたが、結果を残せずに再びこの選手権に戻ってきました。

お知らせ

J SPORTSオンデマンド

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、スーパーフォーミュラ、WRC
ニュルブルクリンク24時間レース、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ