五輪2連覇を狙うジャスティン(カナダ)の前に立ちはだかったブリトニー(オーストラリア=左)、ペリーヌ(フランス=右)。女子も加豪仏が三強を形成

三強国のエース、(左から)ベンジャミン(フランス)、ミック(カナダ)、マット(オーストラリア)。この三名が平昌五輪男子の鉄板メダル候補だろう

史上初のアジア5連戦が開催されるなど新展開がみられた今季のW杯。
男女ともに秋田たざわ湖大会終了時点で、クリスタルグローブの行方は決まっていたが、最後の中国での2戦も緊張感の高いレースとなった。
女子の表彰台は2大会とも同じ顔ぶれに。第10戦モーグル(シングル)は、上からペリーヌ・ラフォン(フランス)、ジャスティン・デュフォー-ラポイント(カナダ)、総合優勝者のブリトニー・コックス(オーストラリア)という順位だった。
最終戦デュアルモーグルはブリトニーが有終の美を飾り、ペリーヌ、ジャスティンと続いた。
この結果、総合ランキング2位はペリーヌとなり、総合2位が定位置(5年連続)だったジャスティンが3位に陥落した。

一方男子は、6年連続総合優勝を決めたミカエル・キングズベリー(カナダ)がモチベーションを落とすことなく、ほぼ完璧なパフォーマンスを見せ連勝。
アジアでの5連勝を含むW杯7連勝。自身の連勝記録に並んだ。
女子と違い、中国大会2戦での男子にはサプライズ的結果もあった。
第10戦でブロディ・サマーズ(オーストラリア)、最終戦でマルコ・タイド(スイス)と、表彰台未経験だったニューカマーがそれぞれ2位となったのだ。
特筆点がもうひとつ。最終戦ではマット・グラハムが3位となり、表彰台にオーストラリア選手2名が上がるという展開に。

お知らせ

ジャンプ週間全4戦を含む男子注目大会を17戦以上生中継中心に放送&オンデマンド配信!

>>特集ページ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ