葛西紀明

人間味あふれる心づかいとそこに余裕の笑顔があった葛西紀明

葛西紀明

葛西紀明は青い吹き流しのごとくラハティの安定の追い風に落とされていった

「風邪ひかないでくださいね〜」 雨の夕方、ラハティ世界選手権ラージヒル予選のことだった。葛西紀明選手(土屋ホーム)からそう声をかけられた。

崩れてきた天候は予選が終わる頃には本降りになり、手に持ったカメラも濡れはじめ、まだそこまで身体は冷えていなかったが、その後に街中で行なわれたメダルセレモニーになるとさすがに凍えてきてしまった。 「このことか、ここまで気を使ってくれるなんて葛西さんは…」
ラハティの安定した追い風はときに強く、その風に叩かれてストンと落ちる葛西選手。その空中でも悔しさの表情が垣間見えた。 こういうときもある、しかし、ここまで幾度も続くとなんであろう。
なおいっそうの悔しさに包まれているだろう、それなのに人に気づかいをしてくれる。いやはや、心にジーンときてしまった。葛西選手には余裕があったのだ。

クラフト(オーストリア)の勝利を祝うチームの面々が駆け寄った

今回は、ほぼクラフト(オーストリア)の一人勝ちの世界選手権となった。
いくらライバルのヴェリンガー(ドイツ)が迫っても、あの追い風ながら下でもうひと伸びしてしまう。要するに、これはスーツに新しい基軸が入ったなとの証明にもなった。
許容範囲で記す。これまでのスーツ形状ではエアのたまり部分があったが、それもウエストの2本のラインで分断された。となると今度は素材繊維の伸縮とその方向性により、とある個所にエアの滞留がメイクできた。それでクラフトやアイゼンビヒラー(ドイツ)は、完全にその好影響と使いこなしができていたのだった。

お知らせ

アルペンスキー FIS ワールドカップ 16/17
男子注目大会を20戦以上生中継中心に放送!

スキージャンプ FIS ワールドカップ 16/17 アスペン/アメリカ
男子ダウンヒル
3月15日 (水) 深夜 0:15〜 J SPORTS 2 生中継
男子スーパーG
3月16日 (木) 深夜 1:45〜 J SPORTS 1 生中継
男子ジャイアントスラローム
3月18日 (土) 午後11:45〜 J SPORTS 1 生中継
男子スラローム
3月19日 (日) 深夜 0:45〜 J SPORTS 3 生中継

J SPORTSオンデマンド ウインタースポーツパックでもスキージャンプを配信中!
月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ