これぞレスター! 基本に戻りV字回復

今週のプレミアムゴールは、第27節レスター対ハルの前半28分に決まった、クリスティアン・フクスの同点ゴール!

前節のリヴァプール戦は、なつかしいものを目にした。それはヴァーディ単騎。こぼれ球になったとき、まだどちらのマイボールとも言えない段階で、すでにヴァーディは裏のスペースへ走り出している。マフレズなどパスの出し手も、ノートラップで直接スルーパスをねらう。ダイレクトカウンターの極みだ。

リヴァプール戦はこの形でゴールを奪ったが、続く今回のハル戦は、さすがにヴァーディ単騎も警戒されていた。そこでレスターはもう一つの宝刀を抜くことになる。

それは左サイドの必勝パターン。また、なつかしいものを目にした気がする。2トップを組むヴァーディが左サイドへ流れ、サイドハーフのオルブライトン、サイドバックのフクスと共にコンビネーションで左サイドを突破して行く。

この試合のレスターは、攻撃の48パーセントが左サイドに集中し、中央と右サイドは各26パーセントに留まった。カウンターでハルに先制を許したものの、レスターは左サイドの重点突破がチャンスを生み出し、実際に同点ゴールにつながっている。

前半28分、左サイドの低い位置でドリンクウォーターがボールを持つと、オルブライトンはふらふらと中寄りへ下がり、ハルのサイドバック、エルモハマディを釣り出した。そして、空いた左サイドのスペースへヴァーディが流れて、さらにハルのセンターバック、ラノッキアを釣り出す。

ドリンクウォーターからパスを受けたフクスは、ワンタッチで縦へ送り、ヴァーディとワンツーで突破。さらにヴァーディはボールを返した後、鋭く反転してラノッキアを置き去りにし、もう一度ワンツー。今度はフクスのパスに走り込む。ヴァーディとフクスのダブルワンツーが、左サイドを切り裂いた。

お知らせ

16/17 イングランド プレミアリーグ

◆ 16/17 イングランド プレミアリーグ
強豪クラブがひしめく世界最高峰プレミアリーグの注目試合を毎節5試合放送!!
プレミアリーグ相関図はこちら »

また「デイリーサッカーニュース Foot!」では、月曜日〜金曜日までサッカーファンに必見の情報をお届け!
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ