ミカエル・キングスベリー

ミックのW杯総合優勝6度は最多。過去にはエドガー・グロスピロン(フランス)、デイル・ベッグ-スミス(オーストラリア)の4度がある

残り2大会を残してW杯総合グランプリが確定した。2月18日の第8戦モーグル(シングル)、2月19日の第9戦デュアルモーグルは王者のためのステージとなった。

男子の王者はミックことミカエル・キングスベリー(カナダ)だ。12季以来6年連続、総合優勝の証クリスタルグローブの獲得となった。今季はここまで9戦7勝。現在5連勝中。中国での2戦に勝てば、自身の持つ連勝記録にも並ぶ。追ってくるライバルの成長も著しいが、そのさらに上をいく。今季はスピードが増し、ターンの鋭さもさらに進化した。

ブリトニー・コックス

今季の秋田たざわ湖はブリトニーにとって初めての日本でのW杯。総合優勝を決めた記念すべき大会になった

女子の王者はブリトニー・コックス(オーストラリア)。ここまで9戦6勝。ジャスティンとクロエ、優勝候補と目されたデュフォー-ラポイント姉妹(カナダ)を完全に打ち負かした。この新女王は今季の開幕戦がW杯初勝利。昨季まで表彰台が9度あったが、ひとつのきっかけが大ブレイクへとつながった。

お知らせ

ジャンプ週間全4戦を含む男子注目大会を17戦以上生中継中心に放送&オンデマンド配信!

フリースタイルスキーFIS ワールドカップ 16/17 男女モーグル
太舞/中国
2月25日 (土) 午後2:20〜 J SPORTS 3
フリースタイルスキーFIS ワールドカップ 16/17 男女デュアルモーグル
太舞/中国
2月26日 (日) 午後10:00〜 J SPORTS 1
>>特集ページ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ