2006年、トリノ五輪に渡辺心とパートナーを組みアイスダンスの日本代表として出場した木戸章之氏。現在は、新横浜スケートセンターで、アイスダンスを始めとしたフィギュアスケートのコーチとして後進の指導にあたっている。そんな木戸コーチは、男性にしては珍しくアイスダンスを始めたのか、そして世界で戦った経験がどう今のコーチングに生きているのか、さらに、コーチとしての今後の目標も聞いた。

――アイスダンスの代表としてトリノ五輪にも出場した木戸章之さんですが、そもそもフィギュアスケートを始めたきっかけは?

木戸:小学校2年生か3年生くらいの時に実家のある千葉県松戸市にスケート場(新松戸アイスアリーナ。2002年閉館)ができたことですね! 僕はもともとインドア派な子供で、本ばかり読んでいました。それで両親が何かスポーツをやらせたいと思ったようです。当時はみんな水泳を習っていて、変わった習い事をしたいなと思ってスケートを始めました。

――スケートを始める年齢としては遅い方だったのですね。

木戸:そうですね。プロのスケート選手は3歳とか4歳でもう始めていて、5歳でも遅いくらいなので、それから考えると、かなり遅い方ですね。

――当時の新松戸アイスアリーナには、他にもいろんな選手やコーチがいたのでしょうか。

木戸:羽生結弦選手も指導した都築章一郎先生が中心でやられていたスケート場だったのですが、非常に練習が厳しかったことを覚えています。また荒川静香選手や鈴木明子選手を育てた長久保裕先生や、無良崇人選手のお父さん(無良隆志コーチ)らがコーチをやっていました。僕と同じ頃に滑っていたのは井上怜奈選手や重松直樹選手などがいましたね。

 

――そんな木戸さんが、アイスダンスを本格的に始めたのはいつ頃でしょうか。

木戸:小学校5年生からですね。当時のコーチの娘さんがアイスダンスをやっていて、一緒にやってみようということになりました。その頃は当時のソビエト連邦(現ロシア)が強豪だった時代でした。彼らの滑りがきれいで、形を徹底的に鍛え込む、まるで精密機械のようなスケーティングが「カッコイイ!」とはまっていきました。
中学時代はまだシングルもやっていましたが、中学3年の時に膝を痛めてしまい休んでしまい、高校で再開する時にアイスダンス一本に絞りました。今、指導している新横浜のリンクへ通うようになったのもその頃からで、パートナーが新横浜にいたので、自然とそうなりました。

元アイスダンス全日本チャンピオンの木戸章之氏

元アイスダンス全日本チャンピオンの木戸章之氏

お知らせ

◆ISU四大陸フィギュアスケート選手権 2017
男女シングル、ペア、アイスダンス、エキシビションまで全種目・全滑走放送
<放送>
女子SP:2月22日 (水) 午後6:00〜
女子FS:2月24日 (金) 深夜 6:00〜
男子SP:2月23日 (木) 午後6:00〜
男子FS:2月25日 (土) 午後 6:00〜
ペアSP:2月20日 (月) 午後8:00〜
ペアFS:2月21日 (火) 深夜 7:30〜
アイスダンスSD:2月20日 (月) 午後5:00〜
アイスダンスFD:2月21日 (火) 午後4:00〜
詳細は特集ページで≫

☐ お申し込み
テレビで見るなら「スカパー!」 詳しくはこちら≫
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」 詳しくはこちら≫

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ