バーンリーvs.チェルシー

5ヶ月前のエミレーツ・スタジアム。前半だけで3失点を喫したチェルシーのアントニオ・コンテ監督は、後半開始10分にマルコス・アロンソを移籍後初めてリーグ戦のピッチに投入。システムを「4-3-3」から「3-4-3」に変更する。試合はこのまま0-3で敗れたものの、このシステム変更がチェルシーの運命を激変させた。次のハル戦から6試合連続無失点、そしてプレミアタイ記録となる13連勝を記録。11月中旬から首位の座を明け渡していない。

転機のきっかけを与えてくれたヴェンゲル監督に、チームの成長ぶりを見てもらう絶好の機会となった4日のホーム・アーセナル戦。

まずは13分、あの日から不動のレギュラーとして活躍中のアロンソが先制弾を決めると、53分にはエデン・アザールが自らドリブルで持ち込み追加点。仕上げはアーセナルのGKツェフ(元チェルシー)のキックミスを、チェルシーのMFファブレガス(元アーセナル)がゴールにたたき込むという何とも皮肉な得点が加算され、ブルーズがロンドン・ダービーを3-1で制した。

お知らせ

16/17 イングランド プレミアリーグ

第25節 16/17イングランドプレミアリーグ
2月12日(日)午後10時23分〜
バーンリーvs.チェルシー
プレミアリーグ相関図はこちら »

強豪クラブがひしめく世界最高峰プレミアリーグの注目試合を毎節5試合放送!!
また「デイリーサッカーニュース Foot!」では、月曜日〜金曜日までサッカーファンに必見の情報をお届け!
»特集ページを見る
»放送予定一覧を見る

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ