去る1月20日-23日の日程で、全国高等学校スケート競技選手権大会(インターハイ)が宇都宮市スケートセンターにて開催された。注目の次世代のエース候補選手が数多く出場したこの大会、活躍した入賞選手について、まずは男子からご紹介したい。

優勝 : 友野一希

友野一希

今季、全日本ジュニア選手権で優勝、そしてこのインターハイでも優勝と、素晴らしい結果を残している友野一希。しかし演技後の彼にコメントを求めると、次々と反省点が挙がる。四回転サルコウのミス、得意なはずのジャンプの取りこぼし、そして細かな部分でのクオリティの改善など。その厳しい言葉は全て、大目標としている世界ジュニア選手権を見据えてのことだ。 「今のままでは世界ジュニアでは通用しません。全てのクオリティを上げていかなければ」。 特に今季、不安定な状態が続いている3フリップ+3トウループのコンビネーションジャンプ。これが安定しないことには世界の舞台では通用しないだろう。今回の演技はもちろん素晴らしいものだった。技術面だけでなく、エンターテイナーとしての資質溢れる友野選手彼ならではの、観客を魅了する演技だった。しかし彼は更なる高みを目指している。3月の世界ジュニア選手権ではパーフェクトな演技を期待したい。

2位 : 本田太一

本田太一

復活、と言っていいだろう。このインターハイでの本田太一のパフォーマンスは見事なものだった。今季は受験勉強が忙しく、本格的な練習を再開できたのは昨年11月の西日本選手権後のことだ。仕上がりはまだ十分ではなかったはずなのだが、この試合ではショート、フリー、併せて3度のトリプルアクセルを着氷することが出来た。特にフリー演技の冒頭、2度のトリプルアクセルからフリップジャンプまで3つのジャンプが連なるが、これは練習でもパーフェクトに降りたことはなかったという。それを本番の試合でのみ成功させたのだ。練習では出来ないことも、観客に見られていると成功できるのだという。この恐るべき強心臓。来季の活躍が今から楽しみだ。


お知らせ

◆ISU四大陸フィギュアスケート選手権 2017
男女シングル、ペア、アイスダンス、エキシビションまで全種目・全滑走放送
<放送>
女子SP:2月22日 (水) 午後6:00〜
女子FS:2月24日 (金) 深夜 6:00〜
男子SP:2月23日 (木) 午後6:00〜
男子FS:2月25日 (土) 午後 6:00〜
ペアSP:2月20日 (月) 午後8:00〜
ペアFS:2月21日 (火) 深夜 7:30〜
アイスダンスSD:2月20日 (月) 午後5:00〜
アイスダンスFD:2月21日 (火) 午後4:00〜
詳細は特集ページで≫

☐ お申し込み
テレビで見るなら「スカパー!」 詳しくはこちら≫
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」 詳しくはこちら≫

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ