1月27〜29日にかけて行われたドイツ・ブンデスリーガ1部の後半戦スタートの第18節は日本人選手の活躍が目立った。

27日にシャルケを1−0で下したフランクフルトの長谷部誠(フランクフルト)は決勝点をアシストし、28日のRBインゴルシュタット戦に挑んだハンブルガーSVの酒井高徳は豪快なミドルシュートで今季初ゴールをゲット。チームは1−3で敗れたものの、このインパクトは非常に大きかった。宇佐美貴史(アウグスブルク)、武藤嘉紀(マインツ)も先発出場しており、これまで出場機会の少なかった面々が復調の兆しを見せていることも前向きな要素と言える。

そんな中、最も強烈なインパクトを残したのが、ダルムシュタット戦を6−1で大勝するけん引役となった大迫勇也(ケルン)だ。前半32分にパヴェル・オルコウスキの右クロスをニアサイドで巧みに左足で合わせた先制点を皮切りに、4得点に絡む大ブレイクを見せたのだ。

この1点目は相手DFに当たったと判断され、惜しくもオウンゴールになってしまったが、この4分後には正真正銘の自分のゴールを奪う。レオナルド・ビッテンコートが左サイドに流れて上げたクロスをドフリーでヘッド。確実に今季3点目を挙げることに成功した。

このシーンでは大迫が中盤でいったんボールを受け、上がってきたコンスタンティン・ラウシュに預け、ビッテンコートが受けたタイミングで、鋭い飛び出しから相手守備陣の背後に抜け出している。

お知らせ

16/17ドイツ ブンデスリーガ

◆ 16/17ドイツ ブンデスリーガ
日本人選手が多くプレーすることでも注目を集めているブンデスリーガ。
今シーズンは注目試合を毎節3試合放送!!
また「デイリーサッカーニュース Foot!」では、月曜日〜金曜日までサッカーファンに必見の情報をお届け!
»特集ページを見る
»放送予定一覧を見る

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ