今季ドイツ・ブンデスリーガのウインターブレークが明け、1月20〜22日に再開初戦が行われた。首位のバイエルン・ミュンヘン、2位・RBライプツィヒがそれぞれ勝利するなどまずは順当なスタートとなった。日本人選手も前半戦からコンスタントに出場している長谷部誠(フランクフルト)と酒井高徳(ハンブルガーSV)、大迫勇也(ケルン)がフル出場。香川真司(ドルトムント)も右足首負傷が快方に向かい、今季2度目のリーグ戦90分間出場を果たした。同じくケガで長期離脱を強いられていた武藤嘉紀(マインツ)も9月29日のUEFAヨーロッパリーグ(EL)・FKガバラ戦以来、4カ月ぶりのスタメンとなった。リーグ戦は今季一度も先発していないため、本人にとってはようやく今季のスタートを切ったような感覚かもしれない。

そんなブンデスリーガに清武弘嗣(セビージャ)が復帰するのか否かは1つの注目点となっている。2012年夏にセレッソ大阪からニュルンベルクへ移籍して2シーズンを戦い、2014年夏にはハノーファーに新天地を求めて大きな飛躍を遂げた彼にとって同国は第2の故郷と言ってもいい存在だ。

そこから昨夏、スペインのセビージャに移籍したが、マンチェスター・シティから加入したサミル・ナスリによって出場機会が激減してしまった。2016年はリーガ・エスパニョーラ出場4試合1得点、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)1試合出場と不完全燃焼のまま終了。本人もクリスマス休暇の間に一時帰国したが、すぐさまスペインに戻って2017年の浮上を期していた。

お知らせ

16/17ドイツ ブンデスリーガ

◆ 16/17ドイツ ブンデスリーガ
日本人選手が多くプレーすることでも注目を集めているブンデスリーガ。
今シーズンは注目試合を毎節3試合放送!!
また「デイリーサッカーニュース Foot!」では、月曜日〜金曜日までサッカーファンに必見の情報をお届け!
»特集ページを見る
»放送予定一覧を見る

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ