それでも、ピッチ上で存分に活躍できていたとすれば、苦労もそれほど重くは感じなかったのかもしれない。ピッチ上で結果を出せば、人間関係が改善されることにもなっただろう。

だが、この1シーズン、中村俊輔は負傷がちでピッチに立てない時期が長かった。それだけに、余計にキャプテンとしての役割を果たそうとしてもがき続けたのだろう。

サッカーを楽しむようになるために苦渋の移籍を決断した。そういう趣旨の言葉を残して、中村俊輔は去って行った。

横浜からは、中村以外にもチームを離れる選手が続出している。守備の要であり、今でもチームの中心としてフル回転してきた中澤佑二の去就はどうなるのか? 中村がチームを離れたことが、中澤の決断にどう影響するか……。見守っていくしかない。

いずれにしても、中村俊輔の穴を埋める選手など見つかるわけはない(イニエスタでも採って来れば別だが)のだから、戦力ダウンは避けられない。横浜が、来シーズンは若手主体でどんなチームを作るのか。まあ、エリック・モンバエルツという監督はもともとが若手育成が本職なのだろうし、現に若手は成長しているが、2017年が苦しいシーズンとなることは間違ない。

さらに、横浜にとって中村の離脱は戦力面だけでなく、観客動員の低下やクラブ・イメージの悪化など、影響は計り知れない。

お知らせ

16/17ドイツ ブンデスリーガ

◆ 16/17ドイツ ブンデスリーガ
日本人選手が多くプレーすることでも注目を集めているブンデスリーガ。
今シーズンは注目試合を毎節3試合放送!!
また「デイリーサッカーニュース Foot!」では、月曜日〜金曜日までサッカーファンに必見の情報をお届け!
»特集ページを見る
»放送予定一覧を見る

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ