シーズンオフを迎えた日本のサッカー界では移籍情報が飛び交う時期となった。とくに、今年は動きが多そうな気配で、中でも中村俊輔の移籍はビッグニュースだった。

移籍に際して、どの選手も離れるクラブのサポーターに向けてのメッセージを残すが、一般的には「○年間ありがとうございました」といった当たり前の表現のものが多い。だが、そんな中で中村俊輔のコメントはちょっと異質だった。

横浜F・マリノスという自分が育ったクラブを離れることについての自らの驚きを語り、そしてこの1シーズン直面していた苦しい状況についての気持を表明したものだ。もちろん、語れない部分も多いのだろう。その真意ははっきりとは分からない。読み方によって、どのようにも読めるようなメッセージだったが、その苦悩の深さだけは伝わってくる。

なにしろ、純粋にサッカーが好きだったはずの中村俊輔が、サッカーで楽しみを感じられなくなっていたというのだから尋常ではない。

一つには、個人的な苦労が大きかったのだろう。この1シーズン、揺れるクラブの中でキャプテンという立場に置かれ、クラブと監督と選手の間に生じた溝を埋めるべく力を尽くしたのだろう。だが、中村俊輔は純粋にサッカーを楽しみたい選手だ。人と人との間に立って、人をつなぐようなことが得意な人間ではない。それが、心理的な負担として彼の中で重くのしかかってきたのではないか。

お知らせ

16/17ドイツ ブンデスリーガ

◆ 16/17ドイツ ブンデスリーガ
日本人選手が多くプレーすることでも注目を集めているブンデスリーガ。
今シーズンは注目試合を毎節3試合放送!!
また「デイリーサッカーニュース Foot!」では、月曜日〜金曜日までサッカーファンに必見の情報をお届け!
»特集ページを見る
»放送予定一覧を見る

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ