正月恒例の高校サッカー選手権大会を見ていたら、やたらにロングスローを投げる選手が多かった。

初めての全国ベスト4に勝ち進んだ大阪府代表の東海大仰星高校などは、その際たるもので、左サイドバックの面矢行斗のスローインはかなりの球速で相手ペナルティーエリアを襲ったし、右サイドバックの大東史明もロングスローを投げていた。

東海大仰星は準々決勝で優勝候補の一つだった(昨年度優勝校)東福岡を破ってベスト4に進出したのだが、基本的には守備のチーム。4−4−2のブロックで相手がサイドにボールを回しても冷静にスライドさせて数的優位をキープする組織的な守備は強力だった。ただ、攻撃面ではボールをつなぐことができず、東福岡戦はほとんど守備一辺倒。CKのこぼれ球をDFの吉田純平が蹴り込んだ1点を守り切って強豪を倒したのだが、これがこの試合で唯一のシュートだった。

青森山田との準決勝では先制を許したものの、直後に1点を奪って同点に追いついた。これも、左の面矢のスローインを跳ね返されたところを拾ったクロスからのゴールだった。その後、青森山田が1点を追加して青森山田が決勝進出を決めたのだが、この青森山田の決勝ゴールも郷家友太のスローインのこぼれ球から生まれたゴールだった。

お知らせ

16/17ドイツ ブンデスリーガ

◆ 16/17ドイツ ブンデスリーガ
日本人選手が多くプレーすることでも注目を集めているブンデスリーガ。
今シーズンは注目試合を毎節3試合放送!!
また「デイリーサッカーニュース Foot!」では、月曜日〜金曜日までサッカーファンに必見の情報をお届け!
»特集ページを見る
»放送予定一覧を見る

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ