2016年末からサッカー界を賑わせていた中村俊輔のジュビロ磐田移籍話が決定し、8日、横浜F・マリノスから正式発表された。

「スポーツ、サッカーの本質であるべきもの、例えば、楽しさ、喜び、信頼、感謝などを持ちプレーすることが、自分は何よりも大切だと思っています。自分の魂であるサッカーと現役を退くその最後の瞬間まで、真摯に、そしてなによりも喜びと楽しさを持って向き合うため、懊悩煩悶(おうのうはんもん)の末、マリノスを離れる決断に至りました」と本人はコメントしている。それだけ苦しみ抜いた決断だったということだ。

フロントや現場スタッフ、同僚が続々と入れ替わり、自分の信頼する人間が相次いでチームを去ってしまったこと、2015年末のマリノスタウン撤退によって練習環境が著しく悪化したこと、自分のよさを最大限生かしてくれる環境でサッカーに専念しようと思ったこと。そんなざまざまな理由から、彼は38歳という大ベテランになって愛するクラブを去る決心をしたのだろう。

お知らせ

16/17ドイツ ブンデスリーガ

◆ 16/17ドイツ ブンデスリーガ
日本人選手が多くプレーすることでも注目を集めているブンデスリーガ。
今シーズンは注目試合を毎節3試合放送!!
また「デイリーサッカーニュース Foot!」では、月曜日〜金曜日までサッカーファンに必見の情報をお届け!
»特集ページを見る
»放送予定一覧を見る

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ