チャイナマネーが常識を覆す コンテ監督も警戒の色を強めた

12月に入ると動かしがたい事実という噂が流れ、選手本人が「書類上の手続きは90パーセント完了している」と語ったのだから、もはや避けられなかった。アスリートとしてほかの選択はなかったのか、プレミアリーグではなく、ラ・リーガやブンデスリーガにチャレンジするプランはなかったのか……。チェルシーから中国の上海上港に移籍するオスカルの決断に、首を傾げる者も少なくはない。

賢明な読者の皆さんもご存知のように、中国フットボールのレベルは推して知るべし。国そのものの考え方も独特で、知的財産、商標権など、先進国では当然と考えられる概念が存在しない。つい先日も『大江戸温泉物語』と熊本県の人気キャラクター『くまモン』がパクられた。道徳とか倫理とか、他国とは一線を画しすぎている。したがって中国に新天地を求めた選手たちも、生活のリズムに馴染むまで時間がかかるに違いない。

しかし、プロのアスリートである以上、中国側が提示するビッグマネーは無視できない。オスカルの年収は約29億円になる。チェルシーで受け取っていた額のおよそ二倍だ。心が動いたとしても、だれが責められるのだろうか。プロであるならば最高レベルの戦場をめざせという指摘も当然だが、バックボーンの関係で経済的な事情を最優先しなければならいケースもある。世の中カネがすべてではないけれど、カネがなければなにかと不自由だ。

お知らせ

16/17 イングランド プレミアリーグ

◆ 16/17 イングランド プレミアリーグ
強豪クラブがひしめく世界最高峰プレミアリーグの注目試合を毎節5試合放送!!
プレミアリーグ相関図はこちら »

また「デイリーサッカーニュース Foot!」では、月曜日〜金曜日までサッカーファンに必見の情報をお届け!
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ