2016/2017シーズンのロシアフィギュアスケート選手権が、12月22日から25日にかけてロシア・南ウラルのチェリャビンスクにて開催される。

圧倒的なカリスマ性を誇ったタチアナ・ボロソジャル/マキシム・トランコフは、ソチ五輪で金メダル獲得後、1シーズン休養後に昨季復活を果たした。しかし私生活でもパートーナーである2人は、2016年9月、ボロソジャルの妊娠を発表。今季のスケーターとしての活動を全て中止した。

当然ながら、過去2回ロシアチャンピオンの座に上り詰め、ソチ五輪ではボロソジャル/トランコフに次ぐ銀メダリストのクセニヤ・ストルボワ/フョードル・クリモフが、自動的にロシア国内のトップペアに押し上げられた。ところが、昨季ヨーロピアンをクリモフの肩の負傷でスキップせざるを得なかった2人は、今季はストルボワの脛骨骨膜の炎症により、出場を予定していた全ての大会を棄権した。

つまりロシアナショナルが、ストルボワ&クリモフにとって今シーズン初めての大会となる。正確に言うと、2016年4月のチーム・チャレンジカップ以来、8ヶ月ぶりの本番だ。果たしてどこまで調整は進んでいるだろうか。情報によるとSPがドビュッシーの月の光で、FSは昨季と同じくマン・アンド・シャドウなのでは、とのこと。

川口悠子/アレクサンドル・スミルノフ

川口悠子/アレクサンドル・スミルノフ

月の光……と言えば、やはり川口悠子/アレクサンドル・スミルノフの2人だろう。2008年から2010年までナショナル3連覇を成し遂げ、国内7回表彰台、欧州選手権優勝2回というベテランは、ペア結成10年目の今シーズン、5年ぶりに月の光をFSに選んだ。

昨季の欧州選手権直前にアキレス腱を断裂してから、完全復活を目指してリハビリに励んできた川口選手。このままシーズンを棒に振り、たとえ五輪出場を逃したとしても、一緒にスケートを続けていこうと誓ったスミルノフ。7ヶ月以上も氷上練習から遠ざかっていた2人が、思い出の曲を再び滑ることに決めたのは、スミルノフによれば「僕らの得意なプログラムだから」。また足の状態がいまだ完全ではないパートナーのために、静かな曲のほうが滑りやすいに違いない、という思いやりの気持ちも込められているそうだ。

お知らせ

ロシアフィギュアスケート選手権 2017

◆ ロシアフィギュアスケート選手権 2017
フィギュア強豪国ロシアの国内王者になるのはだれか!?
= ペア 放送・配信予定 =
<放送> 12月31日(土) 午後3:00〜 J SPORTS4
<J SPORTSオンデマンド> LIVE配信
【SP】12月22日(木) 午後8:45〜
【FS】12月24日(土) 午後7:00〜
特集ページはこちら »

■ウインタースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ