2016/2017シーズンのロシアフィギュアスケート選手権が、12月22日から25日にかけてロシア・南ウラルのチェリャビンスクにて開催される。

マキシム・コフトゥン

マキシム・コフトゥン

120年もの長き歴史を誇るロシアナショナル男子シングルのタイトルは、2014年大会で皇帝エフゲニー・プルシェンコから王座奪い取ったマキシム・コフトゥンが、以来昨季まで3年連続で手にしてきた。しかし、18位に終わった昨季ワールドで「僕には戦える武器(4回転2種)があるのに、なぜか、上手く行かないんだ」と本人が嘆いたように、どうも安定した好演技を見せられずにいる。

今季もグランプリシリーズでは参戦した2試合ともに7位、特にSP終了時には最下位10位と、コミカルなはずのプログラムはひどく悲しいものに変わってしまった。SPのヒッチハイクの物語には、「ユーモアを失わずに、腹を立てずにゴタゴタに向きあえば、最後は全てうまく行く」という選手本人の思いが込められている。まだ21歳と若きコフトゥン。ロシア選手権ではSPで楽しい笑顔を、そしてFSでは空と自由への憧れを美しく表現して欲しい。

そのコフトゥンが「良きスパーリングパートナー」と称するのが、昨春から同門に加わったセルゲイ・ヴォロノフだ。過去優勝2回+表彰台5回の大ベテランにとっては、20代最後のナショナルとなる。今シーズンはネペラメモリアルを制した後、スケートアメリカ4位、中国杯3位と実力は健在。しかも1年前の中国杯でボーヤン・ジンの4回転ルッツに衝撃を受けて以来、2種類目の4回転練習を開始するなど、成長への意欲もまったく衰えていない。

セルゲイ・ヴォロノフ

セルゲイ・ヴォロノフ

なにより、いまだ五輪出場経験のないヴォロノフにとって、プレ五輪シーズンの今季は非常に重要。ナショナルでの好成績で世界選手権の出場権利をもぎ取り(ロシア男子は2枠)、その世界選手権での好成績で、ロシア男子に自らの手で3枠をもたらしたいはずだ。

お知らせ

ロシアフィギュアスケート選手権 2017

◆ ロシアフィギュアスケート選手権 2017
フィギュア強豪国ロシアの国内王者になるのはだれか!?
= 男子シングル 放送・配信予定 =
<放送> 12月28日(水) 午後8:00〜 J SPORTS4
<J SPORTSオンデマンド> LIVE配信
【SP】12月22日(木) 午後6:00〜
【FS】12月23日(金) 午後8:45〜
特集ページはこちら »

■ウインタースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ