ブリントの慰留こそが 1月のメインテーマだ

年が明けるとヨーロッパの移籍市場が再開するが、マンチェスター・ユナイテッドの動きを探ってみよう。

年末の過密日程にもかかわらず、ベンチにも入れないモルガン・シュネデルランとメンフィス・デパイは戦力外と判断せざるをえず、ともにエヴァートンへの移籍が濃厚になってきた。

しかし、気分屋のデパイはともかくとして、なぜシュネデルランはジョゼ・モウリーニョ監督の構想から漏れたのだろうか。フットボーラーとしてのセンスはマルワヌ・フェライニをはるかにしのぎ、ゲームをたたむうえでも貴重なアイテムと考えられるのだが……。中盤センターとしての優先順位はポール・ポグバ、アンデル・エレーラ、マイケル・キャリックといったレギュラークラスだけではなく、コンディショニングに手間どるバスティアン・シュヴァインシュタイガー、リスキーでしかないフェライニをも下まわる。ユナイテッド退団は当然の選択だ。なお、シュネデルランの移籍金は2000万ポンド(約29億円)、デパイはローンになる予定だ。

お知らせ

16/17 イングランド プレミアリーグ

◆ 16/17 イングランド プレミアリーグ
強豪クラブがひしめく世界最高峰プレミアリーグの注目試合を毎節5試合放送!!
プレミアリーグ相関図はこちら »

また「デイリーサッカーニュース Foot!」では、月曜日〜金曜日までサッカーファンに必見の情報をお届け!
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ