ラグビー トップリーグ

トップリーグは第11節を終え、依然としてヤマハ発動機ジュビロ(勝ち点53)、サントリーサンゴリアス(52)が全勝でトップ2を走っている。これを昨季の覇者・パナソニックワイルドナイツ(43)、神戸製鋼コベルコスティーラーズ(42)が追う展開だ。優勝争いはこのトップ4に絞られてきたが、第12節では、神戸製鋼 vs. ヤマハ発動機がノエビアスタジアム神戸で行われる。今節最大の注目カードだ。

ヤマハ、サントリーともにパナソニックにはすでに勝利しており、ともに神戸製鋼との対戦を残している。優勝争いのカギを握る神戸製鋼は、前節、東芝ブレイブルーパスの猛反撃をかわし、30−24で勝利した。ここ2試合、SOで先発する山中亮平の長短投げ分けるパス、自ら抜いて出る突破もよく機能し、元オールブラックスのアンドリュー・エリスの好判断もあって、アタッキング・ラグビーに磨きがかかっている。総トライ数は56で、ヤマハの68に及ばないが、WTBアンダーソン フレイザー、山下楽平の決定力はトップリーグ屈指で、ヤマハを倒す攻撃力は十分にある。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、トップリーグ、関東大学対抗戦、関東大学リーグ戦も全試合配信!!!
●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます
»詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ