日本ラグビーの夢を乗せた「ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ」の2シーズン目が本格的に始動した。12月12日の午後、都内のホテルで「スーパーラグビー2017シーズンスコッドおよび新ジャージデザイン発表会見」が行われた。

渡瀬裕司・新CEOは、メンバー発表に際して次のように説明した。「サンウルブズは日本代表との連携を求められています。選手選考にあたっては、フィロ・ティアティアヘッドコーチはもちろん、15人制日本代表ディレクター・オブ・ラグビーの薫田真広さん、ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチと密にコミュニケーションをとってきました。今回のメンバーは、11月の日本代表、2019年のラグビーワールドカップに向けて代表資格をとれる可能性のある外国人選手、2016年のサンウルブズで活躍した選手が軸になっています」。他にも契約の細部を詰めている選手がおり、今後も決まったところで適宜発表する意向も示された。

発表されたメンバー36名には、2016年シーズンでキャプテンとしてチームを率いた堀江翔太をはじめ、中心選手の田村優、立川理道、リアキ・モリ、エドワード・カーク、リアン・フィルヨーンほか、11月に日本代表デビューを果たしたばかりの松橋周平、マルジーン・イラウアら若手選手達も名を連ねた。ティアティアヘッドコーチは、期待を込めて語った。「2016年のサンウルブズがスタートしたときには、スーパーラグビー経験者は6名のみでしたが、今回は21名が経験者です。スーパーラグビーのハイランダーズで活躍した田中史朗も加入しました。そして、エキサイティングなプレーヤーである松島幸太朗もいる。彼が活躍するところを見るのは待ちきれない気持ちです」

お知らせ

スーパーラグビー2017
サンウルブズのレギュラーシーズン全試合をはじめ、毎節4試合放送
J SPORTSオンデマンドでは、全142試合配信
≪サンウルブズ壮行試合≫
2月18日(土)午後2:00 KO
サンウルブズ vs. トップリーグオールスター 生中継
特集ページはこちら

 
スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ