プロトタイプカーとGTマシン、4クラスの混走による世界耐久選手権(WEC)の第9戦(最終戦)、「6 HOURS OF BAHRAIN/バーレーン6時間」が、11月17日(木)〜19日(土)にバーレーン・インターナショナル・サーキット(バーレーン王国)で開催される。その決勝の模様はJ SPORTSで生中継される。

WECシリーズはいよいよ最終戦。バーレーンは2004年に中東で初めてF1GPが開催されたサーキットで、首都マナーマ郊外の砂漠に作られた。コースは4本の長めのストレートとテクニカルなセクター2で構成されている。またコース全体がほぼフラットであり、オーバーテイクのポイントが多いコースと言える。砂漠の中にあるため防砂対策はしてあってもやはり砂はコースを覆う。レコードラインを外すと滑りやすく、ドライバーは気を使うコースでもある。そして中東の暑さが車両やドライバー、タイヤに負担を掛ける。まさに耐久レースだ。

シリーズタイトルは前回の上海で決まったものは、LM P1のマニュファクチャラーズ(ポルシェ)とLM P2のチームとドライバー(シグナテックアルピーヌ36号車)で、その他の主要タイトルは今回ですべてが決まる。中でもLM P1のドライバーズタイトルにはトヨタの6号車がトップ(ポルシェ2号車)15点差に迫っており、トヨタとしては大逆転での戴冠を狙っているしそれも不可能ではないだろう。得意としているコースでトヨタ6号車のドライバーが逆転タイトルを決めるには、とにかく富士以来の優勝を狙わなければならない。

お知らせ

J SPORTSオンデマンド

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、スーパーフォーミュラ、WRC
ニュルブルクリンク24時間レース、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ