トップリーグは全15節の第7節、前半戦最後の戦いを迎える。首位を行くヤマハ発動機ジュビロは、勝ち点「29」。第6節では、クボタスピアーズを53−0で退け、チームの完成度は試合を重ねるたびに高まっている。今節は、地元・ヤマハスタジアムで最下位のHonda HEATと対戦。日本代表のSH矢富勇毅を休ませ、2年目の吉沢文洋が先発する。最強スクラムのFW第一列は、山本幸輝、日野剛志、伊藤平一郎と、新生・日本代表スコッドのメンバー。好調のCTBマレ・サウも先発だ。

勝ち点2点差の「27」で2位につけるサントリーサンゴリアスは、千葉の柏の葉公園でNECグリーンロケッツと対戦する。前節は日和佐篤が先発したSHには、流大キャプテンが戻り、SO小野晃征とハーフ団を組む。小野は、現在、得点ランキングで1位(78点)、ゴールキックの成功率でも87%で1位の高い数字を重ねている。サントリーとヤマハとの直接対決は、12月24日。そこまでは負けられない。一方、NECは、春のサンウルブズ、日本代表で活躍したSH茂野海人、SO田村優のハーフ団で対抗。キャプテンの瀧澤直はFW第一列の選手ながら、タックル数がリーグ3位と運動量豊富に動き回っており注目だ。また、この日は、観客席に「タッキーアフロシート」なる席が設けられる。瀧澤選手の髪型に似たお客さんがたくさん見られるかもしれない。これも楽しみの一つだ。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、トップリーグ、ザ・ラグビーチャンピオンシップ、関東大学対抗戦、関東大学リーグ戦も全試合配信!!!
●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます
»詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ