フィギュアスケートーーク 田村岳斗×佐々木彰生

2018年平昌五輪まであと2年。今シーズンは、オリンピック出場に向けて大きな意味を持つシーズン。コーチは、オリンピックまでのプロセスをどのように考えているのか?
またプログラム作りの舞台裏まで田村岳斗コーチにお伺いします。

佐々木:宮原選手の場合、岳斗先生と濱田先生の他にも、コンディショニングコーチや表現力を磨いたりするコーチもいるとお伺いしたのですが、宮原選手に限らず、リンク以外でどう指導していくか、濱田先生と相談して決めていくのですか?

田村:特にミーティングの時間は設けてなくて、普段の会話でこれをやらせてみようか?というのはあります。ただそれは、適任がいる場合に、じゃあ考えてみようという感じかな。特にこうすべきというのは決まっていない。

フィギュアスケートーーク 田村岳斗×佐々木彰生

佐々木:これから2018年まであまり時間がありませんが、オリンピックに向けて、どのように指導していきますか?
僕はオリンピックに行きたいと思っていたので、4年間の中でここまでにこの順位で選ばれていないとダメだとか、世界ランクを取れないとダメだか考えていました。でも大体はうまく行きませんでした。

田村:2018年平昌だけを見ていても、そこにはたどり着けないと思う。1年1年、1試合1試合の積み重ねしかない。最終目標とは別に目先の小さな目標を設定して、それをクリアしていく事も大事だとおもいます。もちろんランキングや条件も関わってくるけれど、調子の悪い時でも、ある程度できる事、最低ラインを上げておく事がとても重要だと思っています。どんなに悪くてもここまでは行けますという事が大切になってくる。

佐々木:たくさんの選手がいますが、ノービスからシニアまで、プログラムはどうやって決めていくんですか?
僕は佐藤操先生に振付けをしてもらっていたのですが、ショート、フリーと毎年変えていました。曲は、メインコーチの佐藤亜希子先生と佐藤操先生と曲のジャンルや雰囲気を相談して決めて、操先生に何枚かCDを持って来てもらい、それで決めていました。

フィギュアスケートーーク 田村岳斗×佐々木彰生

田村:たいていの場合、プログラムは曲決めから始まると思うけど、自分で曲を選ぶ選手もいれば、コーチ、振付師が持ってきた中から選ぶ場合もある。明るい感じとかクラシックでとか、だいたいのイメージをリクエストする選手もいる。僕が口出すとしたら、ジャンプの構成、コースぐらいかな。

お知らせ

KENJIの部屋

◆J SPORTSオンデマンド
「ウインタースポーツパック」では
KENJIの部屋を配信!

第1弾【岡山男子スペシャル】
岡山県にゆかりのあるスケーター島田高志郎選手、無良崇人選手、田中刑事選手が登場!
第2弾【若手コーチスペシャル】
中庭健介コーチ、川原星選手、本田武史コーチが登場!

■ウインタースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ