フィギュアスケートーーク 田村岳斗×佐々木彰生

フィギュアスケートのコーチって、普段、どんな事をするの?そんな疑問に答えるべく、未来のコーチを目指してリスタートを切ったばかりの僕こと佐々木彰生が、若手選手を多数抱える田村岳斗コーチに、選手目線も交えてインタビューしました!

佐々木:僕は選手を引退した後、一度バイク屋さんに就職して、それから大学に復学しました。今後は、フィギュアスケートの世界に戻って何か役立つことがしたいと思っています。その1つがアイスショーに出ることで、今練習を再開しました。引退すると、選手の時に「ああしておけば」という思いがたくさん出てくるのですが、岳斗先生はどうでしたか?

田村:自分が選手の時の事は反省点がいっぱいありすぎて、今は選手に教える立場だけど、選手に教えられている部分もあります。

佐々木:今の選手は練習量がすさまじいですよね。

田村:僕が選手の時は、ジャンプに注目が集まっていた。今はスピンもステップも細かく審査され、エッジが浅いとかでも点数が変わってくるから、スケートにかける時間が僕らの時とは比べ物にならない。そうなると身体のケアをする時間ももっと必要になってきます。

フィギュアスケートーーク 田村岳斗×佐々木彰生

佐々木:自分が練習していたリンクは、代表選手が僕しかいなかったので、他のリンクの事情がまったくわかりませんでした。ただ、濱田先生・岳斗先生の選手をはじめ、なんで関西はいい選手が育つのか? 何が違うのかなと不思議に思っていました。

田村:1人すごい選手が出るのが手っ取り早いというか…。その1人が出るのが大変なんだけど。関西で言えば高橋大輔さん。そして同時期に織田信成さんが出た。身近にライバルの存在がいると、その後輩たちも続きやすい。スター選手の存在がその先に続く選手を生む要因なのではと思います。それから忘れてはいけない事はリンク環境。関西大学のスケート界への貢献はとても大きい。

お知らせ

KENJIの部屋

◆J SPORTSオンデマンド
「ウインタースポーツパック」では
KENJIの部屋を配信!

第1弾【岡山男子スペシャル】
岡山県にゆかりのあるスケーター島田高志郎選手、無良崇人選手、田中刑事選手が登場!
第2弾【若手コーチスペシャル】
中庭健介コーチ、川原星選手、本田武史コーチが登場!

■ウインタースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ