WWE日本公演「WWE Live Japan」開催記念 レイザーラモン RG特別インタビュー

――RGさんは今回のWWE日本公演について「WWEの中邑真輔が凱旋してくることで今まで分けられていた日本のプロレスファンとWWEのファンが初めて融合する時かもしれません」と語っていましたが、ご自身は新日本とWWEの比重がどのぐらいなのですか?

RG :半々ですかね。新日本プロレスは立命館大学時代の後輩で昔エディ・ゲレロが大好きだった棚橋弘至がいますからね。一時期、新日本は吉本と一緒にイベントをやってて、内藤(哲也)選手と漫才をやったこともありますし。だから、すごく身近に感じてます。WWEはボクとよくイベントをやってる浅越ゴエさんがメチャクチャ好きで、WWEに頼まれたわけでもないのに、自分で毎年、大阪とかでWWEの楽しみ方をお客さんに教えていくイベントをやってるんです。今ではWWE JAPANさん、J SPORTSさんから公認をいただいてます。そこにボクも毎回出せてもらってて、ちょっと見ていなくても浅越さんによっていろいろ教えてもらえる。両輪を転がしている感じですね。

――中邑選手を通して、WWEに触れる日本のファンも多くなりそうです。

RG :さらに朗報がありまして、WWEの大ファンでネタの中にもさまざまなWWEのムーブを入れていたハリウッドザコシショウさんが「R-1ぐらんぷり2016」を取ったんです。ザコシショウさんは誰が笑うねんっていうエリック・ビショフの入場のマネとかナンジィオのマネとかやってましたね。WWEモノマネを人知れずやってた人なんで、ザコシショウさんにも今のWWEを見せたいですね。今のWWEの誇張したモノマネをやってほしいです。

――ほかに注目しているスーパースターはいますか?

RG :シェーン・マクマホンが大好きです。WWE&スニーカーマニアっていう超一部の人間の中でシェーンは毎回、激レアスニーカーを履いて試合をしてるんですよ。我々が抽選とか行って外れてるような市場価格10万ぐらいのエアジョーダンを履いてるんで、実はボクらの中で熱いんです。ナイキとファッションデザイナーの藤原ヒロシさんのコラボ作品とかも履いてた。シェーンとスニーカートークをやりたいですね。あとボクらの中ではシェーマスが白過ぎてまぶしいっていうのが話題になってます。ボクも対戦したことがあるダッドリーズが復帰しましたよね。ザコシショウさんにアルベルト・デル・リオのモノマネとかやってほしいな。今回は来日メンバーに入ってませんけど。

協力:週刊プロレス

photo

J SPORTS 編集部

お知らせ

世界最強のスポーツエンターテインメント『 WWE 』 WWE特集ページはこちら≫
■ WWE ロウ #1204
【英語版】:6月23日 (木) 午前10:00〜 J SPORTS 4
【日本語版】:6月30日 (木) 午後10:30〜 J SPORTS 3

■ WWE スマックダウン ハイライト 〜アフターバーン〜 #878
【英語版】:6月18日 (土) 午前10:00〜 J SPORTS 4
【日本語版】:6月27日 (月) 午後6:00〜 J SPORTS 3

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ