ヴィクトリア・シニツィナ/ニキータ・カツァラポフ組(ロシア)
SD 67.68 9位

カツァラポフ:ワールド(世界選手権)に出場出来て光栄です。欧州選手権からの練習の成果を出し切りました。朝の練習が早い時間帯にあるので大変です。今日は7時半の練習でした。でも本番は楽しめました。皆さんの応援に感謝致します(シニツィナ:「Thank You.」)。大会ごとに成長を感じています。

(今大会の目標は)コーチ、ジャッジ、応援して下さる皆さんに、今大会で僕らのベストをお見せしたいです。

(来年のロシア3枠獲得に向けて)自分達がやるべきことをやるだけです。今日は出来たと思います。SashaとVania(ステパノワ/ブキン組)にも良い演技をしてもらって、3枠常連国として3枠を守りたいです。

村元哉中/クリス・リード組(日本) SD 59.00 16位

【J SPORTS 放送より】
村元:演技が終わってほっとしています。始まる前から緊張していて、

リード:緊張してた(笑)

村元:(笑)すごく良く滑れたと思いますし、

リード:うん。

村元:ひとつひとつのエレメンツも全部丁寧に出来たと思います。

村元:今大会の目標は一杯あるんですけど、まずはフリーに進むことが第一で、あとはシーズンの締めくくりとして『哉中&クリスのアイスダンス』を見せることが一番大きな目標です。フリーは、すごく楽しいプログラムで、他のアイスダンスのチームとはまたちょっと違うコミカルな部分があります。そういった面では、御覧の皆さんに楽しんで頂けると思います。

リード:フリーはとても「dance program」です。目標は……「Dance!」(笑)

村元:とりあえず「踊る!」みたいな(笑)

リード:ハイ!(笑)

リード:(英語で)緊張はあったのですが、良い演技になってよかったです。今大会はショートで60点・フリーで90点を目標にしています。僕らは新チームですが、可能だと思います。

カヴィタ・ローレンツ/パナギオティス・ポリゾアキス組(ドイツ)
SD 54.80 18位

ローレンツ:結成1年目でワールドに出場するなんて、それだけでもすごいです。今大会は、経験を積もう、そして自分達らしさを見せようと臨んでいます。

ポリゾアキス:欧州選手権よりも良かったです。ワルツ以外はレベルの取りこぼしもなかったです。今日というこの日は、僕らが初めてトライアウトをした日なんです。(イゴール・シュピルバンド)コーチは「たった1年でここまで来たなんて信じられない」と言われていました。

フェデリカ・テスタ/ルカーシュ・チェーレイ組(スロヴァキア)
SP 61.75 12位

テスタ:今季最後のショートとしても、とても良かったです。この『アダムス・ファミリー』(13/14シーズンのフリー)は気に入っている特別なプログラムで、全てを出し切りました。フリーでは、役作りも頑張っていますし情熱を持って演じていますので、それを皆さんにお見せしたいです。皆さんとひとつになれるような演技をしたいです。
(今大会の目標は)自分達が満足出来る良い演技をすることが第一ですが、トップ15に入れば完璧ですね。

チューレイ:前のショートはしっくり来なかったので、数試合様子を見て、楽しく滑れる曲に変更しました。こちらのほうが音楽を楽しめて、楽しく滑れます。

ロランス・フルニエ・ボードリー/ニゴライ・サアアンスン組(デンマーク)
SD 59.75 15位

ボードリー:良かったと思います。期待を持って練習してきました。

サアアンスン:ベストの演技ではなかったのでアレですが……でも欧州選手権よりは演技も良くなっています。得点はさておき、今日は満足しています。

ボードリー:フリーはショートよりも情感が大切だと思います。規定のものが少ないですし、より芸術性が問われます。

サアアンスン:僕らはオフアイスでもパートナーなので、そこを活かして、男女の恋愛をリアルに見せていきたいです。アイスダンスでは、御覧の皆さんが入り込めるような世界を作らないといけません。夢を見ているような、そんな演技にしていきたいです。

ペニー・クームス/ニコラス・バックランド組(イギリス)
SD 68.23 8位

クームス:ここまで来られてよかったです(昨年は病気で欠場した)。応援も素晴らしかったです。今季は頑張ってきました。点数はまだまだですが、自己ベストが出せてうれしいです。これがこれまでのベスト演技?……そうですね、日々精進しているので(笑)、ベスト演技はまだこれからです!

バックランド:シーズン途中でのショート変更はこれまでになく、ハイリスクでした。結果が出てうれしいです。フリーは2年連続の大好きなプログラムです。ようやく世界最高峰の舞台で演じられるので、楽しみにしています。

(コーチ変更で変わった点は?)
バックランド:これまでよりも大きなチームで練習するということが、利点になっていると思います。マディとエヴァン(チョック/ベイツ組)をはじめ多くの選手が集っているので、練習から競い合うような良い空気が生まれています。

クームス:練習でも、トップ選手と一緒にやればハリが出ます。練習からトップ選手の圧を感じていれば、緊張感にも慣れてきますしね。イゴール(シュピルバンドコーチ)は素晴らしいコーチなんです。すごい賢者です。シュピルバンド組で練習するのは楽しいです。

お知らせ

◆決定!!ISUフィギュアスケート選手権アーカイブ
2004〜2015年に開催されたISUフィギュアスケート選手権の中から、リクエスト数上位6大会を順次放送します。
選手達の名勝負を振り返りますので、ぜひお見逃しなく!

5月28日 (土) 午前11:00〜 J SPORTS4 【2010年 世界選手権 男子シングル】
6月4日 (土) 午前11:00〜 J SPORTS4 【2007年 世界選手権 男子シングル】
6月18日 (土) 午前11:00〜 J SPORTS4 【2014年 世界選手権 男子シングル】
特集ページはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ