ミハイル・コリヤダ(ロシア)SP 89.66 6位

ロシア選手権でも良かったのですが、今日の演技が国際試合では一番の演技になりました。緊張はしていましたが、考えないようにしていました。氷に上がった時は勢いがありました。勢いを持って滑っていましたし、出来ると信じていました。自分でもこれぐらいは出来るんじゃないかと思っていました。

(今大会の目標は)ショートとフリーで良い演技をすることです。順位は関係ありません。フリーでは今季の構成をやり切り、来季の構成をさらに高難度にしたいです。2週間前にアメリカ入りして、時差ボケやリンクでの距離感を調整しました。2番滑走というのはラクです。これから他の選手の演技を観ます……Yuzuru Hanyuの演技をまだ生で観たことがないんです!

グラント・ホックスタイン(アメリカ)SP 74.81 16位

(世界選手権初出場について)ワールド(世界選手権)という実感は、本番直前まではそれほどなかったです。最高だったのは、演技前に自分の名前が呼ばれた時ですね。最高の経験でした。アメリカで開催される(ISU)国際試合に出るのも初めてなんです。それがワールドで、たくさんの皆さんに応援して頂いて、ただただ素晴らしいです。(4トゥループで転倒し、リカバリーのコンビネーションジャンプも3回転+2回転になり)4回転のコンビネーションは、練習ではずっと決まっていました。ものにした、そう思ってもいましたが……。3ルッツからのコンビネーションは、3ルッツでやや乱れたので3回転を続けられませんでした。それについてはしょうがないと思います。

(フリーに向けて)「経験」ということを楽しみに臨みます。フリーは自分でも気に入っていますし、自分の出来ることをお見せしたいと願っています。ショートは望み通りとは行きませんでしたが、ワールドでの一瞬一瞬を大切に、噛み締めています。

デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)SP 81.07 10位

氷に上がった時、会場の皆さんを見て熱気を感じました。それが本当に力になりました。大観衆の前で演技するのが大好きです。今日の演技はとってもとっても良かったです!皆さんが気に入って下さってとてもうれしいです。やるべきことをやり、コーチも満足していました。ここからもっとうまくなって、4回転も入れていきたいです。初めての世界ジュニアでは、泣いてしまいました。とにかく「フリーに残りたい」と思っていたので(ショート11位で通過)。(フリーに通過したものの)ここではもう泣けません……涙は心の中に留めておきます。皆さんのために良い演技をしたかったです。会場の拍手が聞こえると素晴らしい気持ちになりました。スタンディングオベーションも頂いて、人生最高の気分でした。

(フリーに向けて)明日(中日)から考えます(笑)落ち着いて正確にミスなく滑りたいです。

(今大会の男子シングルでは最年少ですが?)残念ながら、誰も「最年少」「最年長」っていう感じで見てはくれません。氷上で何を見せられるか――自分のスケートや自分の演技を見せること、それが全てです。なので最年少でも何かが違うわけじゃなくて、年々もっともっとうまくなっていかなければと思っています。18歳とか20歳とかそれぐらいの頃には今よりもっとうまくなっている、そうでないといけませんし、それに、他の多くのスケーターよりもうまくなっていたいです。

(今大会の調整は)何も変更はなかったのですが、世界ジュニアの前に比べると(コーチの)ウルマノフ先生と練習する時間が増えたと思います。世界ジュニアの前はオーストリアの試合(チロルカップ)に行かれていましたので。僕にはウルマノフ先生が必要です。僕にとって、先生はフィギュアスケートの神様のような存在です。

(今大会の目標は)どの試合も目標はただひとつ、「自分に勝つ」ことです。それはとても大変な戦いです。毎試合、ベストを出す――得点についてもそうですが、それを目指しているので今日は目標達成です。自分に打ち克ち、シーズンベストも出しましたし、今日の使命は果たしました。明後日フリーでどうなるかはお楽しみに。ベストを出せるよう頑張ります!

シャフィク・ベセギエ(フランス)SP 69.23 20位

(3ルッツが2ルッツになり)ミスの許されないショートで非常に痛いミスが出て残念です。若干集中力を欠いていたと思います。冒頭の大技に成功してよろこび過ぎてしまいました。

(右足首靭帯断裂の怪我について)大分良くはなりましたが、まだ少し不安定です。12月に医師には「これでシーズンは終了」と言われていました。でも今ここに来ています。(ジュベールさんやアモディオさんが引退し)プレッシャーにはなりますが、フランス代表にふさわしい選手になります。そうなれるとも思いますが、怪我には気をつけていきたいです。フリーでは全力を発揮したいです。2回の4回転を決めてミスなく演技して、ここから順位を上げていきます。御覧になる皆さんにもよろこばれる演技にしたいです。

イヴァン・リギーニ(イタリア)SP 81.17 9位

(感動的な演技について)今日の演技はパシケヴィッチ先生に捧げました(前コーチのイゴール・パシケヴィッチさんは大会直前の3月26日に44歳の若さで亡くなった)。御覧の皆さん、テレビの向こうの皆さん、スケートを見ている子供達、今のコーチ達、スケーターの方々にこの演技をお見せしたかったです。感情を込めました。スポーツというだけではなく、人生を表したかったです。スケーターはスケートと共に生き、寝食を共にするように毎分毎秒スケートのことを考えています。大切な誰かを失えば……それをスケートで表す、今日はそう努めていました。数日前が母の誕生日でもあったので、母や家族のためにも滑りました。(演技前、リンクに投げ込まれたプレゼントに躓き転倒し)減点—1点からのスタート、みたいな(笑)ひどくこけました。皆さんの(注意を促す)悲鳴は聞こえていましたが、反応するには遅かったというか……左足に痛みがありましたが、抑え込みました。うまく抑え込んだと思います。

(自身の振付について)このプログラムはエキシビション用に作ったのですが、一度滑ってみてショートにしようと思いました。フース先生とイタリア選手権の前に作り直しました。うまく仕上がっています。

(今大会の目標は)トップ10に入ることです。ISUグランプリシリーズの2枠を確保し、来季は上位を目指しメダルを狙います。ただこのオフは怪我の治療で大変になりますね。怪我には非常に苦しんできましたので。ただ何も文句は言えない。やるのみです。怪我を治すことも僕の目標です。オリンピックに出るために戦い、メダルを目指し、世界で5番か6番には入りたいです。

アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)SP 69.86 19位

(欧州選手権銀メダリストとして臨む今大会について)調整は何も変えずに臨んでいましたし、仕上がった状態で今大会を迎えています。良い演技をお見せしたかったのですが、残念ながら今日はそうなりませんでした。どうしたことでしょう……トップ10を目指していて、それがプレッシャーとなり緊張していたということはあります。でも、今日悪くても明日は良くなる、それがスポーツです。

(フリーに向けて)ノーミスの演技を、と。良い演技をして自分自身楽しめるように、それだけです。(イスラエルが男子シングルで強豪となり)素晴らしいです。イスラエルをさらに強豪国にすることを目標にしています。

マイケル・クリスチャン・マルチネス(フィリピン)SP 66.98 23位

自分では良かったと思います。練習でもずっと良かったですしノーミスも出来ていたのですが……やはり試合では違いますね。

(今大会の目標は)トップ10かトップ12、そう思っていましたが、まあもういいです。フリーでは練習通りに全部のジャンプを降りたいです。

ミハル・ブレジナ(チェコ)SP 79.29 11位

大きな失敗(4サルコウ転倒)があり、それが大失点になりました。3アクセルでもコンビネーションジャンプでも失点がありました。もしノーミスで演技すれば、90点は超えるんです。4回転は練習ではとても良かったんです。でも試合ではテンパってしまう。決めたい気持ちが先走ってしまうんです。今回もそうでした。

(欧州選手権後の調整について)変更点もありましたし、通し練習をさらに重ねて、プログラムを滑り込んできました。2ヶ月で結果を出すのは難しいですが、練習では変化を感じられていますし、このまま進むだけです。

(欧州選手権について)競技人生最悪の大会だったと思います。でもどん底に落ちてしまえば這い上がるしかないので。それが欧州選手権でした。以降の試合では良くなっていますし、練習では何もかも非常にうまく行っているのでうれしいです。今日は4回転に失敗しましたが、明日は失敗をしないように(頭をコンコン叩く様子)。ほんとに全部うまく行ってますし、練習でもイイ感じです。オフアイスで先生についてメンタル面の指導も受けてきましたので、それも助けになっています。

(フリーに向けて)自分が出来ることをやるのみです。氷や会場の皆さんを感じながら、自分自身もハッピーになる演技をしたいです。

お知らせ

◆決定!!ISUフィギュアスケート選手権アーカイブ
2004〜2015年に開催されたISUフィギュアスケート選手権の中から、リクエスト数上位6大会を順次放送します。
選手達の名勝負を振り返りますので、ぜひお見逃しなく!

5月14日 (土) 午前11:00〜 J SPORTS4 【2012年 世界選手権 男子シングル】
5月28日 (土) 午前11:00〜 J SPORTS4 【2010年 世界選手権 男子シングル】
特集ページはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ