プロ野球2016年シーズンもいよいよ開幕。

スポーツ新聞誌面上や野球ネットニュースなどでは、『ルーキー◯◯選手開幕一軍!』など、新戦力への期待高まる記事に心が躍る。

と、同時に、
『△△選手は開幕2軍スタート』などの記事も目にする。この記事が出ると、「△△はやっぱりダメか?!」や「△△選手はもう年齢的にも限界でしょ」などといった類の残念なコメントをネット上で目にする。

私もプロ野球の仕事に携わらせていただいているが、この世界で仕事させていただくまでは、前述コメントされた野球ファンの方々と全く同じような感覚で、野球好きの友人と△△選手のことを話していた。だから、偉そうに言える口ではないが、私がプロ野球の世界で13年、仕事させていただいた経験から、『1軍』『2軍』の捉え方をお伝えできればと思う。

まず私はスタジアムDJという球場・スタジアムでのアナウンスなどを担当するポジションだが、『2軍』というワードは使用せず、『ファーム』と表現している。『1軍』=上、『2軍』=下という図式は野球ファンならずとも、この言葉を聞いただけで容易に連想できるだろう。確かに実力的に『1軍』にいる選手がチーム内の競争から勝ち上がったトップメンバーであることは間違いない。しかし、『2軍』にいること、『1軍』にいないことが=トップメンバーでないことではないのだ。

わかりやすい例から。絶対的なレギュラーキャッチャーがいる。そのレギュラーキャッチャーが試合に出続けているため、『1軍』で控えとしてベンチに置いておきたいが、『2軍』で経験を積ませておきたいというキャッチャー。この場合、『2軍』にいることをそれほど『下』に評価したりしていないはずだ。しかも、そのキャッチャーが若ければ若いほど。

この例えで、何人か実際の選手が頭に浮かんだかもしれない。キャッチャーの例でそのまま話を続けると、ベテランになればなるほど、「あのキャッチャーはずっと2軍にいるからダメだな」と思われがちだが、1軍監督や首脳陣からは、「あいつはいつどんな苦しい時が来てもスタンバイしてくれている」という信頼感のもと、1軍へのスタンバイしながら、『2軍』で若いピッチャーの長所を引き出すリードをしていたりする。 今、キャッチャーを例にお話しましたが、これはどのポジションの選手でも、チーム編成上こういったケースが生じるのだ。

『1軍』=上、『2軍』=下という図式ではないことをお伝えするためにもう一つ例を。
『2軍』でのゲームでの成績が芳しくない選手が『1軍』登録されるケースがある。すると、「なぜ□□選手が一軍に上がったの?」といった声がネット上などであがったりする。これもまた『2軍』のゲームを頻繁に観戦できない方からすれば、そういう疑問を持たれても不思議ではない。私もスタジアムDJで『2軍』のゲームをたくさん担当させていただいて、『1軍』と『2軍』の野球の“チカラ”の差以外の“チガイ”を感じましたから。

お知らせ

プロ野球3月25日開幕!
J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天の主催試合を合計260試合以上放送。
広島特集ページはこちら≫    中日特集ページはこちら≫
オリックス特集ページはこちら≫ 楽天特集ページはこちら≫

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ