昨シーズン谷繁監督から言われた言葉をしっかり胸に刻んでいた。沖縄キャンプは2軍スタート、杉山翔大は読谷での日々をこう振り返る。

「正直、悔しいですよ。でも2軍でスタートが決まって、すぐに頭を切り替えました。自分のやるべき事をしようって」。

杉山は谷繁監督に「試合だけでない普段の投手をよく見ろ。何が違うのか、的確にアドバイスするのがキャッチャー」と言われていた。

読谷での1か月、杉山はとにかく見た。投手のフォームはもちろん、仕草、癖、普段と試合、良い時と悪い時を比べ、ノートに書き、できるだけそれを頭にインプットした。

「自分の情報量を増やしたかったんです。見てるだけではダメです。それを投手に伝えていく事も積極的にしました」。

「でも、それは僕の目に映る僕の主観、投げているピッチャーが感じている感覚と違う事ももちろんあります。伝える事でお互い気づく事もあるし、それがまた新しい一つの情報になります」。

情報を得てもそれをどう伝え、利用するかは難しい。年下の若い投手でも頭ごなしに言われたら気分は悪くなる。年上の投手には尚の事だ。

「もちろん、僕が間違っている事もあると思うんです。でも言わないとキャッチャーとして成長がない。遠慮して黙っているってのが一番ダメだと思うんです」。

「コーチが言っている事と違う事になると投手は迷ってしまうので、コーチから何を言われているのかも情報として頭に入れながらキャンプをやっていました」。

お知らせ

プロ野球3月25日開幕!
J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天の主催試合を合計260試合以上放送。
さらにオープン戦も4球団で合計20試合以上放送します。
広島特集ページはこちら≫    中日特集ページはこちら≫
オリックス特集ページはこちら≫ 楽天特集ページはこちら≫

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ