3月9日、イタリアではティレノ〜アドリアティコが開幕する。
ティレノ〜アドリアティコは、パリ〜ニースとともに、シーズン序盤を代表する、ワールドツアーイベントのステージレース。
ティレノ〜アドリアティコのスタートラインにも、パリ〜ニースにひけをとらぬ、華やかな顔ぶれが並ぶ。 この模様はJ SPORTSオンデマンド限定でLIVE配信される。

ティレノ〜アドリアティコとは

ティレノ〜アドリアティコは、今から50年前、1966年に、ローマからペスカーラまでの3日間レースとして誕生した。
『2つの海のレース(La corsa dei due mari)』という別名のゆえん(所以)である、西のティレニア海からイタリア半島を横断し、東のアドリア海へ、という性格はそれから今まで変わることなく、また、サン・ベネデット・デル・トロントで最終日を迎える伝統も(初年度だけが例外)ずっと続いている。
開幕地はだんだんと北上していき、最近は、ティレニア海沿岸に面したトスカーナ地方の都市で開幕している。

ジロ・デ・イタリアと同様にRCSスポルト社とガゼッタ・デロ・スポルト紙によって主催され、イタリアのステージレースとしてはジロに次ぐ位置づけではあるが、平坦ステージ中心に組まれたティレノ〜アドリアティコは、パリ〜ニースがミニ版ツールの性格を持つのとは対照的に、ミラノ〜サンレモやフランドル・クラシックを狙う選手たちの準備レース、という雰囲気を持っていた。

しかし、グランツールのスター選手たちがパリ〜ニースにさらわれていくことに業を煮やしたか、2011年に最終日のスプリント・ステージが個人TTに取って代わられ、2012年のルートに難関山岳(プラーティ・ディ・ティーボ)の山頂ゴールを組み込んだあたりを境に、ミニ版ジロとしての色合いを強めてきた。こうやって加えられた走り応えのある難関山岳ステージや、タイムトライアルと山岳ステージで勝者が(ほぼ)決まる、複雑すぎないしつらえが功を奏し、グランツール総合上位を狙うトップ選手たちが、ティレノ〜アドリアティコには集まるようになってきている。カデル・エヴァンス(2011)、ヴィンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ、2012・2013)、アルベルト・コンタドール(当時の所属チーム名ティンコフ・サクソ、2014)、ナイロ・キンタナ(モビスター、2015)…と、ここ数年の総合優勝者の顔ぶれからも、本格的ステージレースとしての新たな立ち位置が明らかだ。

お知らせ

ティレーノ〜アドリアティコ3月9日開幕!
J SPORTSオンデマンドで限定LIVE配信

3月19日ミラノ〜サンレモ、3月27日ヘント〜ウェヴェルヘムもLIVE配信
その後もサイクルロードレースコンテンツ盛りだくさん!

・サイクルパック :月額1,800円 (税抜)
・25歳以下の方は、U25割月額900円 (税抜)でご利用いただけます!
詳しくはこちら» ※配信予定からサイクル番組をクリックしてサイクルパックを購入してください。

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ