今年はBMCのリーダーとして、連覇に挑むリッチー・ポート

今年はBMCのリーダーとして、連覇に挑むリッチー・ポート(中央)

自転車界に本物の春がやってくる。すでに地球のあちらこちらで脚試しを繰り返していたプロトンが、いよいよ本格的なサイクルロードレースシーズンへと走り出す。いまだ灰色の雲が垂れ込めるヨーロッパの大地に、色とりどりのジャージがぱあっと散らばって行って……。もちろん欧州ワールドツアーレース第1戦目パリ〜ニースがたどり着く先には、南フランスの太陽が待っている!J SPORTSではパリ〜ニースを生中継する。

今年で創設83年目を迎え、伝統的に「ミニツール」と呼ばれるパリ〜ニースは、かつて数多くの「7月の王者」を輩出してきた。たとえばアルベルト・コンタドールは、2007年大会を勇敢なアタックで勝ち取ると、そこからまっすぐにグランツール王者への山道をかけあがった。2012年のブラドレー・ウィギンスはニースで黄色い衣装を身にまとい、数ヵ月後にはパリのシャンゼリゼでマイヨ・ジョーヌを身にまとった。

ところが昨大会は、少々様相が違った。8日間のレースのうち、難関山岳はわずか1日だけ。クラシック風の起伏ばかりが連日続き、むしろワンデー巧者たちが輝いた。ミラノ〜サンレモ(表彰台3人全員がパリ〜ニース出走組)やアルデンヌ(3レース表彰台の5/9がパリ〜ニース出走組)への準備には、つまり最高だった。しかし昨ツール・ド・フランスの主役「ファンタスティックフォー」は、誰1人としてフランスへやってこなかった。フルームはトレーニングを選び、その他の3人はイタリアでのバトルを選んだ。最終的にはツールではなく、2ヵ月後のジロ・デ・イタリアの総合優勝を狙うリッチー・ポートが総合をもぎ取った。

本来の威光を取り戻すため、2016年、パリ〜ニースは古き良き伝統と立ち返る。3月6日(日)に、6.1kmのプロローグで幕を開ける第74回大会を、開催委員会は「来たるべきツールの予告編」と自信を持って送り出す。

山の割合は大幅に増えた。最初の試練は第3ステージ。クリュ・ボジョレーワインで有名なブルイィの急坂フィニッシュだ(全長3km、平均勾配7.7%、最高8.3%)。「ぶどう畑を雹や霜、うどん粉病から守る」聖母がまつられた教会へと続く坂道は、細く曲がりくねり、パンチャー・クライマーの爆発力が試される。

金曜日からの3日間は、総合争いも地形も、文字通り山場となる。第5ステージはあのモン・ヴァントゥのありがたい姿を拝む。残念なのは、本格的な禿山部分に足を踏み込んだ直後に、山を降りること。しかもステージ前半に登場するため、もしかしたら、「プロヴァンスの巨人」はほとんどレースに影響を及ばさないかもしれない。もちろん、総合下克上を企てる者たちによる、早めの特攻が巻き起こる可能性だってある。昨大会の終盤にミカル・クヴィアトコウスキーが試みたような!

お知らせ

パリ〜ニース3月6日開幕!
J SPORTSオンデマンドで全ステージLIVE配信

3月9日に開幕するティレーノ・アドリアティコはJ SPORTSオンデマンド限定LIVE配信!
その他にもサイクルロードレースコンテンツ盛りだくさん!

・サイクルパック :月額1,800円 (税抜)
・25歳以下の方は、U25割月額900円 (税抜)でご利用いただけます!
詳しくはこちら» ※配信予定からサイクル番組をクリックしてサイクルパックを購入してください。

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ