ドラゴンズに黄金新人がやってきた。その名は小笠原慎之介。神奈川の強豪・東海大相模高でエースを張り、昨夏の甲子園では優勝投手に輝いた。数々の栄光を掴んできた左腕は、プロの舞台でもファンを熱狂させるだろうか。

◆高校生離れした身体とビッグマウスは即戦力級

180センチ83キロの堂々たる身体は、他の先輩選手にも引けを取らない。特に太ももの周囲67センチは、チーム内を見渡しても比較できる選手がほとんどおらず、一説には昨季限りで引退したレジェンド・山本昌氏をも凌ぐという。

一般的に、高卒ルーキーは身体づくりから始め、時間をかけて育てるのが常。しかし、小笠原の場合は土台が出来上がっている分、全く必要ないとは言わないが、僅かな時間で実戦に対応できるのではないか。

また、ビッグマウスぶりも頼もしい。その最たる例は入団会見での「5億円プレーヤーになりたい」という発言。谷繁元信監督が新人時代の会見で「1億円プレーヤーを目指す」と語ったことに対する返答で、隣にいた指揮官に半ばそそのかされて(?)の状況だったが、尻込みせず答えたのは立派だった。

他にも「新人王が目標」「通算300勝を挙げたい」など、壮大な未来予想図を公言。さすがは最速152キロの剛速球と勝負根性を武器にのし上がってきた投手である。かつてのエース・川上憲伸氏が背負った11番も様になりそうだ。

お知らせ

プロ野球3月25日開幕!
J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天の主催試合を合計260試合以上放送。
さらにオープン戦も4球団で合計20試合以上放送します。
広島特集ページはこちら≫    中日特集ページはこちら≫
オリックス特集ページはこちら≫ 楽天特集ページはこちら≫

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ