28日に行われた日本ハムとの練習試合に6-1で勝利し、対外試合負けなし7連勝と絶好調のカープ。「みんながチャンスを掴もうと必死にアピールしている」と緒方監督が語っていたように、全体的に状態のいい選手が多くいる印象だ。

ドラフト1位ルーキーの岡田

ドラフト1位ルーキーの岡田は、ここまで2試合に登板して計4回1失点。ゆったりとしたフォームから威力十分の直球を投げ込み、相手打者を差し込ませている。

21日の巨人戦は「楽しもうという気持ちで投げた」と強力打線を相手にも萎縮することなく、マウンド上で余裕を持っていた。続く25日のDeNA戦では失点を許したものの、ベンチからの細かいサインにもしっかりと対応。

16日の紅白戦ではボークやアウトカウントの勘違いなど、ミスを連発していただけに、修正能力の高さを見せつけた。キャンプ前にはリリーフとしての起用も考えられていたが、大瀬良大地の故障離脱の影響もあり、先発として使っていく方針が明かされた。

そんな岡田に今キャンプの収穫について尋ねると「野球が仕事になって、意識が変わってきたこと」と一つ上の段階に上がることができたことを挙げた。

「この意識で練習をしていくことができれば、もっと技術は上がっていくと思う。あとはキャンプ中に出てきた課題を3月の実戦で修正して、開幕を迎えたい」と意気込んだ。

お知らせ

プロ野球3月25日開幕!
J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天の主催試合を合計260試合以上放送。
さらにオープン戦も4球団で合計20試合以上放送します。
広島特集ページはこちら≫    中日特集ページはこちら≫
オリックス特集ページはこちら≫ 楽天特集ページはこちら≫

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ